ファコプスの館 -La Maison de Phacops

化石ヲ蒐集シナイ日記

ピルトニア・キューネイ

前回のパラディンに引き続き石炭紀三葉虫を手に入れた。今回のはベルギー産で、比較的よく目にする種類だと思う。ただし、状態のいいのはめったにない。私の手に入れたのも瞼翼(palpebral lobes)が飛んでいるうえ、左右からの圧縮をうけて縦長に変形している。それでもまあなんとなく感じはつかめるのでこれでよしとしよう。サイズはほぼ1インチ。


Piltonia kuehnei



本種の特徴は、なんといっても外殻上の凸部に点々と散らばった顆粒だろう。石炭紀のプロエトゥス類にはこういう粒々に覆われたタイプがいくつか知られている。私が最初につよい印象をうけたのはレヴィ=セッティの本に出ているフィリップシア・サンプソニだ。写真をみたときは、こんな三葉虫がいるはずない! と思ってしまった。標本の特殊な処理と撮影の仕方でじっさい以上に粒々が強調されているのは確かだろう。


Phillipsia sampsoni


今回のピルトニアも、上の写真には及ばないとはいえ、そのツブツブ感たるやそうとうのものだ。これには化石の保存状態もおおいに関係しているだろう。艶のない、ざらっとした、乾いたような表面の質感が、ツブツブ感をいっそう高めているように思う。これの正反対がミズーリ州で採れるアメロピルトニアで、エアツールによる丁寧な剖出が、粒々から事象性(リアリティ!)を奪い去っているような気がする。やはりツブツブというからには、チクチク、ザラザラしていてほしいと思いませんか?

今回の標本は母岩が一風変っていて、羊のような動物が臥せっているようにみえる。で、その動物の頭にあたる部分に小さい三葉虫が載っている。見ようによってはかなりシュールな図だ。割ったらたまたまこんな形になったのか、それとも人為的に形を整えたのか、それは分らないが……



     * * *


ベルギーの地図を眺めると、西南部のエノー州を流れるスヘルデ川(エスコー川)沿いにトゥルネー(Tournai)、ヴォー(Vaulx)、アントワン(Antoing)といった地名が見つかる。どうもこのあたり一帯が三葉虫の産地らしいのだ。

Calcaire de Tournai(トゥルネー石灰岩)といえば工業用としても有名らしく、あちこちに採石場がある。下の図の一枚目はゴラン=ラムクロワにある中央採石場。いちおう一般人も入れるが、あまりに広くて化石採取には不向きらしい。二枚目のはシメスコー社の採石場。ここも一般の立入りは可能で、状態を問わなければけっこう三葉虫も見つかるとのこと。(Carboniferous trilobites from Tournai - thomastrilositeより転載)




トゥルネー石灰岩は年代的にはトルネーシアンすなわち石炭紀前期に属するので、ここで産するのはデボン紀末の大量絶滅をかいくぐってしばらく経ったころの三葉虫だと思えばいいだろう。衰退したとはいっても、まだまだそれなりに勢力は保っていたと思われる。それでも、二層になった上の方、つまりアントワン層では三葉虫は激減するというから、やはり「段階的先細り」の感は否めない。


     * * *


本文とは関係ないが、ベルギーは私の好きな国で、20年ほど前に訪れたことがある。ブリュッセルに着いて、夕暮れの道をとぼとぼ歩いていたとき、いきなり眼前に開けた Grand-Place の威容は忘れがたい。そのときの印象に近い画像があったので、下に貼りつけておこう。(Grand Place, Brussels, Belgium | Canon 5D MKII Lens 16/35mm … | Flickrより)


パラディン・トランシリス

私にとっては初の石炭紀三葉虫であり、今のところ唯一手持ちのプロエトゥス目がこれ。本種は名前にちょっとばかり混乱があって、あるところではグリフィチデス(Griffithides)と呼ばれ、またあるところではシュードフィリップシア(Pseudophillipsia)もしくはカルニフィリップシア(Carniphillipsia)と呼ばれている。私としても、「パラディン」が正しいのかどうか自信はないが、とりあえず購入元の表記に従っておく。


Paladin transilis




産地はロシアのヴォルゴグラード州のジルノフスク、年代は石炭紀前期とのことだが、この情報もあまり当てにならない。名前と同様、産地や年代にも諸説があるので、とりあえずヴォルゴグラード州のどこか、と思っておくのが無難だろう。本種のように特徴のある種類がそういろんな場所で採れるとも思えないのでね。

石炭紀ペルム紀三葉虫は完全体で出ることは稀で、多くは尾板だけ、運がよければ頭部も、というのが一般的な産状らしい。今回の標本も、まさしくその尾部と頭部*1なのだが、象牙のような色合いとアラバスター(雪花石膏)のような質感のおかげで、化石にあるまじき(?)高級感を漂わせている。部分化石ですらこの通りなのだから、完全体のすばらしさたるやいかばかり──

三葉虫には人それぞれ好みのタイプがあると思うが、本種は三葉虫愛好家のすべてにアピールするものをもっていると思う。これを見てなにも感じない人は、三葉虫とは無縁の人だ。私はといえば、この標本ひとつだけでプロエトゥス類、さらには石炭紀への道がついてしまった。

「このころ(デボン紀末)には、時代はプロエトゥス科の変種たちのためにすっかり筋書きがととのえられていた。私の友人のボブ・オーウェンズは、その多様多岐にわたる微妙なちがいを激賞する。ゲルハルト・ハーンとレナーテ・ハーンは、これらの三葉虫のあらゆるニュアンスをことごとく熟知しているドイツ人教授である。そして、熱帯の海がヨーロッパの大半を浸水させていた石炭紀の初期に、プロエトゥス科が数多くの異なるデザインをつくりだしたのは事実である。……」(リチャード・フォーティ「三葉虫の謎」より)

地味なことでは定評のある(?)プロエトゥス類がせいいっぱいの多様性を繰り広げたのが石炭紀だったとすれば、全盛期とは比べ物にならないとはいえ、そこにはやはり注目すべきものがあるように思う。この手のものとしては、アメリカにいくつか産地があり、ヨーロッパではなんといってもベルギー、それからドイツにアプラートという重要な産地がある。

尾板だけ、というのはさすがにつらいが、頭部だけならまずOKだ。もちろん全身揃っているに越したことはないので、ぼちぼち探索の手を進めていければいいなと思う。

*1:厳密には胸節の一部を含む

化石とブラックライト

ロシアン三葉虫といえば、修復がつきもので、たいていの標本には修復率何パーセントと書いてある。この数値が正しいのかどうか、かねてから疑問に思っていた。質的にも量的にも、何を基準としてのパーセンテージなのか、はっきりしませんしね。

昔はこの修復率云々が嫌で、それでロシア産とは疎遠になってしまった。どうもロシアのものは信用できないな、というわけだ。しかし売り物として出ている三葉虫のほとんどが何らかのかたちで修復されているのを知った現在、むしろそれが何パーセントと明示されているロシア産のほうが信用できるんじゃないかという考えに傾いている。

この前買ったアサフスは修復率9パーセントとのことだ。9パーセントといえばかなりの数値だ。なにしろ全体のほぼ1割に及ぶ修復がなされているのだから。もしその修復がなければ、あっちこっちボロボロなんじゃないか。

しかし、蚤取り眼で探しても、10倍のルーペで覗いてみても、どこにもそれらしい痕がない。目で見ただけでは、どこが修復箇所なのか、おぼろげにさえ察することができないのである。9パーセントの修復とやらはいったいどこに隠れているのか。

こういうときに威力を発揮するものとして、ブラックライトなるものがある。なんでも、暗闇でこいつで照らせば、怪しい部分がたちどころに浮き上ってくるというから驚きだ。こういう用途に使うのなら、それほど高性能なものは要らないらしいので、最低ランクからふたつ上くらいのものを買ってみた。

さてどうなることかと固唾を飲んでライトで照らすと……あれ? 案に相違して、どこにも修復箇所らしきものが出てこない。あちこちに樹脂で埋めたあとがピッカリ照らし出されると思っていたのに……

ブラックライトが安物すぎて、ちゃんと反応しないのだろうか。いや、そんなことはない。ほかの標本、たとえばオクラホマのトゲトゲさんやNYのダルマニテスなどは、それらしい、もしくは意想外の箇所から蛍光を発した。その一方で、ウォルコット採石場やヨーロッパの各産地から出たものがいかなる反応も示さないのは、当然といえば当然だが、さすがというべきだろうか。いちばんひどかったのはモロッコのウミユリで、これはバラバラになったものを貼り合せたものであることがよくわかった。

もちろん修復といってもいろんな方法があるだろうし、ブラックライトで検出できないタイプのものもあるだろう。じっさいにはやらないけれども、アセトンで表面の塗装を剥がしてみても、たぶん修復箇所は露わにはならないだろうという予感がある。ロシア三葉虫の修復には、その道のプロにしかわからない、おそろしく巧妙な技術が駆使されているのではないか。

──おれたちは素人に尻尾をつかまれるような仕事はしないよ。
そううそぶく職人の声がきこえてきそうだ。


     * * *


下にブラックライトを当てて撮った写真をいくつかあげてみる。


NYのダルマさん。胸部に何ヶ所か横条が入っているのが修復(接着)の痕。赤い色に発光しているのは何かの加減でそうなっただけで、とくに問題ないと思われる。


OKのトゲトゲその一。角に継ぎ目があるのは当然だが、角そのものがなんだか怪しい色に光っている。右眼やその下の棘ももしかしたら作り物かもしれない。とはいうものの、この写真はちょっといい感じに撮れている。


OKのトゲトゲその二。左の長いトゲがアウトのようだ。この部分は前から怪しいと思っていた。不格好に継ぎ足されているのは肉眼でも確認できるが、トゲそのものが樹脂でできているのか、それとも補強に使った接着剤が蛍光を発しているのか、それはわからない……

しかし、トゲ以外に修復したらしい箇所が見当らないのはむしろ驚きだ。


トゲを完全に浮かせてしまわず、少し母岩を残したままにしてある標本は、整形の手間がめんどくさいとか、脆弱性を忌避するとかとはべつに、トゲの「ほんもの保証」の意味もあったんだと今ごろになって気づいた。

アサフス・エキスパンスス

今年いっぱいはロシア三葉虫には手を出さない、と決めていたが、とうとうその禁を破ってしまった!

6月から始めた禁煙のおかげで、使わずに済んだタバコ代が4万円を超えてきたので、ここらでひとつ自分へのご褒美を、という、だれしも陥りがちな誘惑に抗することができなかったのがひとつ、それからブロンニヤール所有のアサフスがロシア産であることを知って、とくにスウェーデン産にこだわらなくても、ロシア産でいいんじゃね? という気になったことがひとつ。

ブロンニヤールの標本は、サンクトペテルブルク近郊のコシェレワ(Koschelewa)というところで出たものらしいが、このコシェレワがどこにあるのかわからない。知ってる人がいたら教えてください。

まあそんなわけで手に入れたアサフス・エキスパンスス。数あるアサフスのうちでも模式種といえばこのエキスパンススを指すらしい。記載は1821年、ヴァーレンベリによる。ただし、ときどき Asaphus (Asaphus) expansus (Linné) という表記も見かける。もしリンネがヴァーレンベリに先んじて本種を記載しているのなら、それはそれで話としてはおもしろいのだが、じっさいはどうだろう?


Asaphus expansus




ところでロシアのアサフスに関して、いったいどれほどの種類があって、どうやって区別しているのかふしぎに思ったことはないだろうか。いちおう信頼すべき情報を下に書いておくから、興味のある方はご覧ください。

まず頭部の輪郭と顔線とに注目して図を眺めてほしい。ここで A とか B とかあるのがどの部分の長さなのか、図をよく見て確認すること。


  • 第一段階

眼の長さと、眼の後ろの部分の長さとの比すなわち B:C を考えて、

B:C < 1 を 1A とし、
B:C ≒ 1 を 1B とし、
B:C > 1 を 1C とすると、

ここで三つのグループ(1A, 1B, 1C)ができあがる。すべてのアサフスはこのグループのどれかに属するだろう。

  • 第二段階

次に眼より前の部分と、頭蓋全体の長さとの比すなわち A:L を考えて、

A:L > 1:2 を 2A とし、
A:L ≒ 1:2 を 2B とし、
A:L < 1:2 を 2C とすると、

また別のグループ(2A, 2B, 2C)ができあがる。第一段階で三つに分けたアサフスを、さらにこの基準でグループ分けすることができる。

  • 第三段階

次は顔線の幅と眼の幅との比すなわち D:F を考えて、

D:F < 1 を 3A とし、
D:F ≒ 1 を 3B とし、
D:F > 1 を 3C とすると、

眼の離れぐあいを基準にしたグループ(3A, 3B, 3C)ができあがる。

  • 第四段階

最後に頭部の縦と横の比すなわち L:K を考える。
アサフス全体におけるこの比の平均は 0.514 である。
そこで、

L:K < 0.514 を 4A とし、
L:K ≒ 0.514 を 4B とし、
L:K > 0.514 を 4C とすると、

頭部の長さを基準とするグループ(4A, 4B, 4C)ができあがる。

この四つのグループ分けを順番にアサフス属に適用して、結果だけを示せば次のようになる(種名のみ記した)。

1A - 2B - 3A - 4A (cornutus, intermedius)
1A - 2B - 3A - 4B (lamanskii)
1A - 2B - 3A - 4C (lepidurus, raniceps)


1A - 2B - 3B (kowalewskii)


1A - 2C - 3A - 4A (expansus)
1A - 2C - 3A - 4B (punctatus)

1B - 2A - 3A - 4C (acumitatus, broeggeri, major)
1B - 2A - 3B - 4A (laevissimus)
1B - 2A - 3B - 4C (plautini)


1B - 2B - 3A (knyrkoi)
1B - 2B - 3B (eichwaldi)


1B - 2C - 3A - 4A (heckeri, pachyophthalmus)
1B - 2C - 3A - 4C (striatus)

1C - 2A - 3A - 4A (itferensis, latus)
1C - 2A - 3A - 4B (jevensis)
1C - 2A - 3A - 4C (kegelensis)


1C - 2A - 3B - 4B (nieszkowskii)
1C - 2A - 3B - 4C (ornatus)


1C - 2B - 3A - 4A (holmi, kotlukovi)


1C - 2B - 3B (minor)


1C - 2C (ingrianus)


これで見ると、今回のエキスパンススは

1.眼の長さがその後ろの部分よりも短く、
2.眼の前の部分が頭蓋全体の半分以下で、
3.眼の幅が顔線の幅より広く、
4.頭部は縦方向に短い

ということになるが、実物を見たら確かにそのようになっている。


     * * *


なお、同じグループに属する複数の種の区別については、まだそこまで勉強が進んでいないので、分り次第追記することにします。

パラボリナ・スピヌロサ

私のコレクションに不足しているのはなんといってもリカス成分、それからオレヌス成分だ。プロエトゥス成分もゼロだが、これはあまり気にならない。プロエトゥス類はメジャーなものならそう苦労せずとも入手可能ですからね。それに比べてリカス類は稀少かつ高価でなかなか手が出しにくいし、オレヌス類は地味すぎて商業ベースに乗らないためか、やはり入手は困難だ。リカス、オレヌス、プロエトゥス、いずれも目として立てられるほどの勢力をもつ一群だけに、私としてもなんとかせねばという気持だけはあるんだが……

とりあえずリカスはおいておこう。そこでオレヌス類を考えてみると、いちばん手に入りやすいもの、というより目立つのは、やはりトリアルツルス(Triarthrus eatoni)だろう。極端にいえば、この一種をもってオレヌス類を代表させることも可能だ。

しかし、それじゃつまんないですよね。トリアルツルスはたしかに付加価値は高いが、オレヌス全体からすればちょっと外れたところに位置している。そもそもUS産のオレヌスの代表的なのがこれ一種きりというのが問題なのだ。北米全体に目を向けても、あとはマッケイ層群(カナダ)のウジャジャニアくらいしか思い浮ばない。

これを要するに、オレヌス類に注目するということは、三葉虫の産地としてのヨーロッパを見直すことにひとしい。オレヌスは、クトゥルー神話になぞらえていえば、Old Ones(古き者たち、旧支配者)であって、初期の三葉虫文献には華々しく(?)登場するけれども、だんだん出番が減ってきて、いまでは図書館や博物館の隅っこで埃をかぶっている、という状態のようだ。

かれらがふたたび勢いを盛り返し、表舞台に出て脚光を浴びるときがくるだろうか? 疑わしい。なにしろかれらのうちのトップスターであるトリアルツルスでさえ、最近では人気に翳りが出てきて、従来では考えられないような値段で買い叩かれているありさまなのだから。

まあそんなこんなで、没落貴族のようなヨーロッパ産のオレヌスを見かけたらつかまえてやろうと思っていた矢先に目の前に現れたのがウェールズ産のパラボリナ・スピヌロサ(Parabolina spinulosa)だ。これはかつてブロンニヤールによってパラドキシデスの一種とされたことがある。これ以外にも、ペルトゥラ・スカラベオイデス(Peltura scarabaeoides)やオレヌス・ギッボスス(Olenus gibbosus)なんかも同じくパラドキシデスの仲間に入れられていた。この三種のオレヌスは私にとっては旧支配者ならぬ旧パラドキシデスなのである。

そこでまずパラボリナから、というので買ってみたのだが、届いたものを見て愕然とする。というのも──


Parabolina spinulosa


ご覧のとおり、ネガなのである。だまされた、と思って購入元のページへ飛んでいくと、説明文にはっきりと ventral(裏側)の文字が出ていて、これはちゃんと読まなかった私がわるい。

とはいうものの、下のような画像をみて、これがネガだと思うだろうか。無断転載だが、そのときのサンプル画像を載せておく。



こういう平べったい種類ではポジとネガとの反転はつねに起こることで、今回の標本も光のあて方を変えれば、たしかに下の画像のように写すこともできる。しかし、これを商品のサンプルに使うのは、やはりミスリーディングではないかと思う。



さて、気を取り直してあらためて眺めると、そうわるい標本ではなさそうだ。それどころか、形といい大きさといい、じつに私の好みのツボを突いてくる。それだけに、これがネガであることが残念でならない。こういうタイプの、ポジの標本を次に見つけられるのはいつのことだろうか。

それとも、これを鋳型にして cast でも作りますかね……

最後にブロンニヤールの論文に出ている本種の画像をあげておく。