ギターラ・ギタリフォルミス

黒いパラディンのおまけでついてきたもの。こういうおまけは非常にありがたい。というのも、ギターラなんていう種類を積極的に買おうという気にはなりにくいし、買う気になったとしても、なかなか満足のいく標本を見つけるのはむつかしいだろうから。今回の…

パラディン・ムクロナトゥス

ちょっと前にコメント欄での返事に「どうしようか迷っている黒いパラディンがある」と書いたが、やっぱり気になったので売り手に問い合せてみたところ、「あれよりいいのがある。欲しいなら譲るよ」と別の標本二個の写真を送ってくれた。まあたしかにそれら…

イソコルス・シェーグレニ

本種は成体でも3㎜くらいにしかならないそうだ。3㎜といえばいかにも小さいが、しかしこの夏私の部屋にむやみと湧いたタバコシバンムシを計ってみたら、2㎜ほどだった。タバコシバンムシを知らない人は、ゴマ粒を思い浮べてほしい。2㎜でもそれなりに存在感…

ピルトニア・キューネイ

前回のパラディンに引き続き石炭紀の三葉虫を手に入れた。今回のはベルギー産で、比較的よく目にする種類だと思う。ただし、状態のいいのはめったにない。私の手に入れたのも瞼翼(palpebral lobes)が飛んでいるうえ、左右からの圧縮をうけて縦長に変形して…

パラディン・トランシリス

私にとっては初の石炭紀三葉虫であり、今のところ唯一手持ちのプロエトゥス目がこれ。本種は名前にちょっとばかり混乱があって、あるところではグリフィチデス(Griffithides)と呼ばれ、またあるところではシュードフィリップシア(Pseudophillipsia)もし…

化石とブラックライト

ロシアン三葉虫といえば、修復がつきもので、たいていの標本には修復率何パーセントと書いてある。この数値が正しいのかどうか、かねてから疑問に思っていた。質的にも量的にも、何を基準としてのパーセンテージなのか、はっきりしませんしね。昔はこの修復…

ロシア産アサフスについて

今年いっぱいはロシア三葉虫には手を出さない、と決めていたが、とうとうその禁を破ってしまった!6月から始めた禁煙のおかげで、使わずに済んだタバコ代が4万円を超えてきたので、ここらでひとつ自分へのご褒美を、という、だれしも陥りがちな誘惑に抗する…

パラボリナ・スピヌロサ

私のコレクションに不足しているのはなんといってもリカス成分、それからオレヌス成分だ。プロエトゥス成分もゼロだが、これはあまり気にならない。プロエトゥス類はメジャーなものならそう苦労せずとも入手可能ですからね。それに比べてリカス類は稀少かつ…

ノルウッディア・ベラスピナ

ユタ州ミラード郡のウィークス層(カンブリア紀)の産。ユタ州は三葉虫の特産地ともいえるところで、ハウスレンジ(House Range)という名前を記憶している人も少なくないと思う。ウィークス層もそのひとつで、小粒ながら特色のある三葉虫を産するので有名だ…

インテリア・ブログの名残

禁煙しているといろいろと弊害が出てくる。自分の場合、顕著だったのは、好きでやってる趣味に対する熱意の低下だ。仕事や雑用ではむしろ集中力が高まるのに、趣味の領域ではさっぱり意気があがらないという、ちょっと困った状態に陥ってしまった。化石に対…

オギギオカレラ・デブッキイ

今回取り上げるのはウェールズのオギギオカレラ。いちおうアングスティッシマ種とのことだが、やはりというかデブッキイ種の線が濃厚だ。まあ見た目はどっちもほとんどいっしょだからあまり気にすることはないのだが…… Ogygiocarella debuchii ローレンスと…

コテコプスの一種

机の上が化石置場と化しつつあることはこの前書いたが、そういつまでも化石を並べて遊んでいるわけにもいかないので、元通り片づけることにした。下の画像はその直前の状態。 右のほうに見えているのはブンデンバッハのファコプスで、産地にひかれて購入した…

スフェロコリフェ・ロブスタ

私の長年(といっても二年ほど)のあこがれの的だったスフェロコリフェをついに入手。箱から取り出すときはちょっと手がふるえたかもしれない。現物はといえば、意外に大きいのに驚いた。もっと小さい、ハエ取りグモくらいのサイズを予想していたからね。心…

メドウタウネラ・トレントネンシス

終りそうでなかなか終らないMF祭り。振り返ってみれば、年末あたりから毎週ぶっとおしでえんえんとやってるんじゃないか。商品のほうもだんだん高額化してきて、しょっぱなから手の出ないものも多い。まあそんなのはハイエンドのコレクターにまかせるとして…

シュードキベレ・レムレイ

レムレオプス・レムレイ(Lemureops lemurei)という名前で出ていたもの。これはシュードキベレの一種で、おそらくシュードキベレ・レムレイと呼ばれているのと同一種だと思われる。 Pseudocybele lemurei シュードキベレの仲間はわりあい見た目の違いがはっ…

ネオメタカントゥス・ステリフェル

アイフェル2号のゲーソプスはどうやらモロッコ産のようだ。そこで今回買ったネオメタカントゥスが事実上のアイフェル2号になる。ネオメタカントゥス。なかなかカッコいい名前ではありませんか。まあ名前の詮議は後回しにするとして、とりあえずどんなのか…

キファスピス・ケラトフタルマ

記念すべきアイフェル産の第一号。キファスピスという種類はあまり好みではないのだが、まあ初回だし、様子見にはいいんじゃないか、ということで買ってみた。灰白色の母岩に淡いベージュ色で保存されていて、注意深く眺めればその保存状態はけっしてわるく…

ドリコハルペス・プロクリヴァ

オクラホマのブロマイド層(オルドビス系)から出たもの。いかにもオクラホマといった感じの母岩に、この産地特有の色で化石化している。本体以外にもコケムシや腕足類が同居していて、母岩の厚みもそこそこあるので、小さいながらも存在感のある標本になっ…

ケラウルス・プレウレキサンテムス

今年最初のヤフオクでの買い物がこれだが、現物を見たときは驚いた。これがあのケラウルスだろうか。まるでパラドキシデスのような凄みではないか。それにこの格調の高さはどうだろう。雰囲気だけでいえば、去年の夏岐阜で見たアンフィリカスに匹敵する。う…

プロエトゥス類のことなど

正月そうそう、ebay やらヤフオクやらでだいぶ気を揉まされたので、このへんでちょっと頭を冷やして、自分のコレクションを見直してみよう。ここで役に立つのが、前に紹介したアドレインの新分類表だ。これに自分の買った種類を書き込んでいくと、たとえばフ…

ロベルギア・デッケリ

米国オクラホマ州マレー郡のヴィオラ層(オルドビス紀後期)から出たもの。カンブリア紀の生き残りのような姿をしているが、じつはレモプレウリデスの仲間らしい。尾板の形が独特で、それだけでも私には魅力的だが、片方だけとはいえ自在頬がついているのは…

ストロマトポラ

ストロマトポラはストロマトライト、ことにモロッコ産のそれに形が似ているが、もちろんまったくの別物で、現在ではスポンジの仲間に分類されている生物の化石である。ゴトランドでは多産し、土地の人々から「猫のしゃれこうべ(CATSKULL)」と呼ばれている…

ヘリオリテスの一種

ここ半年ほどのあいだにゴトランド産のサンゴ類の化石をいくつか手に入れたので、それらについて少し書いておこう。まず最初に手に入れたのがヘリオリテス(Heliolites)というもの。これは「太陽の石」という意味で、日本では日石サンゴと呼ばれているらし…

化石のバロック

私は手に入れた化石や鉱物はむきだしで並べて楽しむタイプなので、陳列棚は必要不可欠なものなのだが、しかし棚という限られたスペースはすぐにいっぱいになってしまう。むりをして詰め込んでも、あまりごちゃごちゃしているのは自分の美意識に反するし、な…

エッカパラドキシデスの一種

エッカパラドキシデスはプシルス(pusillus)という種がボヘミアで産出する。けっこういいものが出ているようだが、どうも割高感があって手を出しにくい。そんなおり、スペイン産のお手ごろ価格のものが目についたので買ってみた。スペイン産のカンブリア紀…

三葉虫の新分類について

2011年に出されたアドレインの新分類法。こちらのページにあがっているのがそれだが、これをざっと見て気づいたことを書いてみよう。まず第一にアグノストゥス目が消えてしまったこと。これまでもアグノストゥス類を三葉虫に含めるべきかどうかについて…

ケラトヌルスの一種

ディクラヌルスのあとはこれしかないでしょ、というわけで買ったのが本種。アイデンティティが揺らぐほど高い買い物だったが、これにはミラスピスの後押しもあった。というのも、ケラトヌルスはいろんな点でじつによくミラスピスに似ていて、ほとんど直系の…

企画展「三葉虫の謎 II」を見終えて

立松コレクションは2000種の標本からなっているらしい。標本2000種といわれてもあまりピンとこず、「もってる人はそれくらいもってるだろうサ」くらいの認識なのだが、これは2000という数字を少なく見積もりすぎることからくる。たとえば200…

椎野先生の講演(後半)

後半の論題は「外への平滑化」というので、外面の平滑な三葉虫の例としてハイポディクラノタス(Hypodicranotus striatulus)が採り上げられます。これは会場でも展示されていましたが、小さくて地味なので見過ごした方も多いのではないでしょうか。私も講義…

椎野先生の講演(前半)

立松氏につづいて椎野先生の講演がありましたが、これは私にはむつかしくてよく理解できませんでした。よく分らないなりに強引にまとめると──トゲや粒々を纏ったいかつい三葉虫とはべつに、イレヌスに代表されるような、つるっとした滑らかな三葉虫がいる。…