三葉虫の名前の読み方

与えられた学名をどう読むか。まあこれは国によっても違うだろうし、個人によっても違うだろう。つまるところ、これといってきまった読み方があるわけではないのだ。めいめいが好きなように読めばいいのである。

と、いちおうはそうなのだが、しかしあんまり不統一なのも困る。カリメネがカリメンだったり、プロエトゥスがプレータスだったりするのはあまり好ましくない。

どうすればいいか。私はマイルールを作って、それに従っている。どういうものかといえば──

基本はローマ字読み。たいていはこれで用が足りる。学名の大元であるギリシャ語やラテン語の読み方は、すでに日本でもだいたい定着しているから、これに則るのがいちばん無難でもあるわけだ。ギリシャ語系の ch, ph, th はそれぞれ [k, f, t] で間に合わせておく。c は [k] と発音する。語末の -us は「ウス」と読む。y は「ユ」ではなく「イ」と読む。二重母音の ae は「アエ」ではなく「エ」と読む、等。

(例)
Odontochile オドントキレ(オドントチレではなく)
Phacops ファコプス(パコプスではなく)
Acanthopyge アカントピゲ(アカンソピゲではなく)
Crotalocephalus クロタロケファルス(クロタロセファルスではなく)
Asaphus アサフス(アサファスではなく)
Ogygiocarella オギギオカレラ(オギュギオカレラではなく)
Illaenus イレヌス(イラエヌスではなく)

ただし、これだけですべてを押し通すのはちょっと無理がある。人名や地名に語尾をつけたものは、元の読みに従ったほうがいい場合も多い。たとえば Meadowtownella などがそうだ。ローマ字読みにすればメアドウトウネッラだが、これはメドウタウン(Meadowtown)に女性語尾の -ella をつけたものであることは明瞭だから、メドウタウネラとするほうがいいと思う。Eldredgeops も律儀にエルドレドゲオプスとするより、Eldredge(エルドリッジ、人名)+ ops と考えて、エルドレジオプスとしておくほうがスマートだろう。

ただ人名や地名でも、あまりにローカルなものは処理に困る。たとえば Chotecops はいちおうコテコプスと呼ばれているが、これの元になっている Chotec はチェコの地名で、ホテチもしくはホテチュと発音する。これでいくと Chotecops はホテチョプスになるが、これはちょっと不自然ではあるまいか。世界広しといえども Chotecops をホテチョプスと読むのはチェコ人だけのような気がする。ズリーホヴァスピス、ロホコヴェラなども同様で、不自然の感を免れない。

これの極端な場合をしいられるのが中国の人名や地名をもとにした名前で、これらははっきりいってお手上げだ。おそらく中国人のあいだでも読み方に統一性はないだろう。幸いにして(?)中国産の三葉虫はあまりメジャーではないので、目にする機会も少なく、結果的にあまり読みを気にする必要もない。

ここに書いたのは、いちおう私はこう読んでますよ、というだけのことで、一般性を主張するものではない。あと、耳に快いというのも重要なことで、Corynexochus をコリネクソカスと読んで平然としていられるほど太い神経を持ち合せていないのである。無理をしてでもコリネキソクスと読んでおきたいところだ。