ヤフオクの転売er

いつのまにか日曜の夜はヤフオクタイムになってしまっているが、このところ自分の守備範囲外のものばかりが出品されているのはいい傾向だ。前回言及した「あれ」やこれやが出されると、静穏なるべき週末が静穏ではなくなってしまうからね。心乱されるだけならまだしも、現実に金が飛んでいくのは避けたい。なんといっても来年にはロシア侵攻(!)が控えているのだから。

というわけで、買うあてもなくぼちぼち見ていたら、この前言及した石炭紀の白いリンボクが出品されている。まったく同じものではないが、写真は同じポーランドの出品者のものだ。うーん、こういうことをやってるやつがいるのか、と嫌な気持になった。

転売するのはべつにかまわないと思うが、原出品者の画像をそのまま使うとか、ずぼらにもほどがある。ポーランドの出品者はマーガレットさんといって、とても親切な人なので、こういうことが海の彼方で行われていることを知ったらきっと心を痛めるだろう。

まあそういっても、ヤフオクには前にもあげたような恥知らずな業者や転売屋はいくらでもいる。そういうものを見ないようにしつつ、自分の欲しいものを探さなければならないのはけっこう大変だ。

最後に書いておくと、ヤフオクでは植物化石はわりあい高く売れるようだ。私もいつだったか、メゾンクリークのシダの化石を売りに出したら、千円くらいで買ったものに一万近い値がついたことがある。さすがにそのときは事情を説明して、そんなに高いものではないのだから、と適価で手放したが、買う方ももっと勉強しないと、安物を高く買わされるはめになるよ。