ピルトニア・キューネイ

前回のパラディンに引き続き石炭紀三葉虫を手に入れた。今回のはベルギー産で、比較的よく目にする種類だと思う。ただし、状態のいいのはめったにない。私の手に入れたのも瞼翼(palpebral lobes)が飛んでいるうえ、左右からの圧縮をうけて縦長に変形している。それでもまあなんとなく感じはつかめるのでこれでよしとしよう。サイズはほぼ1インチ。


Piltonia kuehnei



本種の特徴は、なんといっても外殻上の凸部に点々と散らばった顆粒だろう。石炭紀のプロエトゥス類にはこういう粒々に覆われたタイプがいくつか知られている。私が最初につよい印象をうけたのはレヴィ=セッティの本に出ているフィリップシア・サンプソニだ。写真をみたときは、こんな三葉虫がいるはずない! と思ってしまった。標本の特殊な処理と撮影の仕方でじっさい以上に粒々が強調されているのは確かだろう。


Phillipsia sampsoni


今回のピルトニアも、上の写真には及ばないとはいえ、そのツブツブ感たるやそうとうのものだ。これには化石の保存状態もおおいに関係しているだろう。艶のない、ざらっとした、乾いたような表面の質感が、ツブツブ感をいっそう高めているように思う。これの正反対がミズーリ州で採れるアメロピルトニアで、エアツールによる丁寧な剖出が、粒々から事象性(リアリティ!)を奪い去っているような気がする。やはりツブツブというからには、チクチク、ザラザラしていてほしいと思いませんか?

今回の標本は母岩が一風変っていて、羊のような動物が臥せっているようにみえる。で、その動物の頭にあたる部分に小さい三葉虫が載っている。見ようによってはかなりシュールな図だ。割ったらたまたまこんな形になったのか、それとも人為的に形を整えたのか、それは分らないが……



     * * *


ベルギーの地図を眺めると、西南部のエノー州を流れるスヘルデ川(エスコー川)沿いにトゥルネー(Tournai)、ヴォー(Vaulx)、アントワン(Antoing)といった地名が見つかる。どうもこのあたり一帯が三葉虫の産地らしいのだ。

Calcaire de Tournai(トゥルネー石灰岩)といえば工業用としても有名らしく、あちこちに採石場がある。下の図の一枚目はゴラン=ラムクロワにある中央採石場。いちおう一般人も入れるが、あまりに広くて化石採取には不向きらしい。二枚目のはシメスコー社の採石場。ここも一般の立入りは可能で、状態を問わなければけっこう三葉虫も見つかるとのこと。(Carboniferous trilobites from Tournai - thomastrilositeより転載)




トゥルネー石灰岩は年代的にはトルネーシアンすなわち石炭紀前期に属するので、ここで産するのはデボン紀末の大量絶滅をかいくぐってしばらく経ったころの三葉虫だと思えばいいだろう。衰退したとはいっても、まだまだそれなりに勢力は保っていたと思われる。それでも、二層になった上の方、つまりアントワン層では三葉虫は激減するというから、やはり「段階的先細り」の感は否めない。


     * * *


本文とは関係ないが、ベルギーは私の好きな国で、20年ほど前に訪れたことがある。ブリュッセルに着いて、夕暮れの道をとぼとぼ歩いていたとき、いきなり眼前に開けた Grand-Place の威容は忘れがたい。そのときの印象に近い画像があったので、下に貼りつけておこう。(Grand Place, Brussels, Belgium | Canon 5D MKII Lens 16/35mm … | Flickrより)