読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファコピディナ・ミシェリ・ミシェリ

本種はもともとダルマニテス・ミシェリという名前だったが、いつのまにかアカステ科に編入されて属名もファコピディナに改められた。ファコピディナの模式種(Phacopidina harnagensis)は英国産らしく、チェコでも似たようなのが出るらしい。しかしこんにち一般にファコピディナの名で呼ばれるものは、ポルトガル、スペイン、フランスで出るものにほぼ限定されるようだ。そのうちとくにフランスで出るものに対して、ミシェリを一個追加して、ファコピディナ・ミシェリ・ミシェリとしているのではないか。

今回手に入れたのはネガポジもので、ご覧のとおりポジ側には母岩がほとんど残っていない。本体の長さは3㎝ほどで、そう小さいわけではないが、母岩なしではいかにも頼りなく感じられる。


Phacopidina micheli micheli


しかしこれを逆手にとって(?)、ハイポストマまで剖出したのはプレパレーターの手柄だろう。というのも、本種のハイポストマつきの標本などそうあるものではないからだ。



ふだんはネガの上にポジを置いておけば、いちおう格好はつく。やはりこういうのがいちばん化石標本らしくてよいですね。



この標本の個眼は、ふつうとは逆にすべて凹型に保存されている。どうしてなのか購入元に訊いてみたところ、ブルターニュ三葉虫はすべて内型(moule interne)だから、という答えだった。しかし、内型だからといって眼が凹凸逆になるとは思えない。もっとほかに原因があるはずだ。うちにある標本では、ボヘミアのダルマニティナがやはりこういうタイプの凹んだ複眼をもっている。



さて今回の標本、母岩上に点々と金粉のようなものが散らばっている。これは前のオギギヌス(&ノビリアサフス)のものもそうだった。おそらく黄鉄鉱の粒だと思われる。それだけの話だが、他産地ではあまり目にしないので、いちおう記しておきます。


     * * *


本文とは関係ないけれども、この前買ったエッカパラドキシデスとオギギヌス(&ノビリアサフス)を化石棚に置いたところ。フランス産の三葉虫は、こういう渋い標本のあいだに紛れ込ませたほうがよく映えるようだ。