失敗談

私の三葉虫集めが二勝一敗ペースで来ていることはこの前書いた。今回またしても黒星を喫してしまったわけで、その次第を書いておこう。何を買ったかは伏せておくが、わかる人にはわかるだろう。

そもそもの発端は思わぬ臨時収入があったこと。けっこうまとまった額のお金がぽんと入ってきた。どうせこういうのはあぶく銭なので、さっさと使っちゃいましょう、ということで、前から欲しくて目をつけていた三葉虫を購入。これは最初に目にしてからもう二年以上もずっと売れずに残っていたものだ。

さて届いた品を見ると、どうも様子がおかしい。この違和感はなんだろうと思ってよくよく眺めると、胸節がずれて隙間が空いており、そのぶん全体が間延びしたようになっている。これは、と思ってサンプル写真を見ると、じつにうまくこの隙間が写り込まないようなアングルで撮ってある。頭部のアップ画像ではたしかにこの胸節のずれは見て取れるが、そんな写真では当然のように頭部にばかり目がいって、下のほうなんかろくに見てやしない。

正直言って「やられた!」と思ったね。うーん、この露助め、とそういうことを言っちゃいけないが、まあそのときはそう思った。

こういうのはあまり気にしない方がいいのかもしれない。私だってふつうならたいして気にもとめない。しかし今回のものは前から欲しいと思い、それなりに愛着のある種類で、しかも値段はけっして安くはないのだ。要するに、高くてもいいからちゃんとした標本が欲しい、と思ったその標本がどうにも満足できかねるものだったとしたら、これはもう失敗としかいえないのではないか。

いずれにしても、買ってしまったものはもう仕方がない。気に入らないところは見ないようにして、いいところを探すとしよう。見れば頭部の作りはしっかりしているし、造形的にも美しい。顔線はどんな具合に入っているのかな、と思いつつ、ルーペで調べていたら、標本を支えていた指先の抵抗がふいに消え、なにか嫌な感触が伝わってきた。はっ、と思う間もなく、片方の頬棘の先端を圧しつぶしてしまったことに気がつく。

これはいかんとアロンアルファを取り出して、その折れたコンマ5ミリくらいの小さいのをくっつけようとピンセットの先につまんだはいいが、なにしろ小さくてひっかかりがないので、ちょっと手元が狂ったと思ったら、あっというまにどこかへ飛んで行ってしまった。

失われた──永遠に──

まあ折れたといってもほんの先っぽだけなので、ふだんなら仕方ないと諦めるが、何度もいうように今回はものがものだけに、どっか行っちゃったよアッハッハと笑ってもいられないのである。

というわけで、今回は自分の思い込みのつよさ、見る目のなさ、標本の扱いの雑さ、などのせいでさんざんな目にあった。まあ長く続けていればこういうこともあるだろう。