イサベリニア・グラブラタ

到着した標本を眺めながらいつも思うのは、これはほんとに〇〇だろうか、ほんとに××から産出したものだろうか、ということ。どうもそのへん怪しい標本が多いように思うんですよ。こっちにはっきりした同定の手段があればべつだが、そうでない場合は売り手のいう情報を信じるしかない。しかしこれが必ずしも信用できるものでないことは、ちょっと経験を積めばわかってくる。国際的に名の通った研究者の出すものでも、怪しいものはあくまでも怪しいのである。

さて今回のものだが、これがイサベリニア・グラブラタであることはほぼ確実だ。ノビリアサフスでもなければアサフェルスでもオギギヌスでもない。しかし、これがポルトガルのヴァロンゴ層から出たものかどうかになると、私には判断がつかない。スペイン産といわれればそうかと思うし、フランス産といわれてもそうかと思うだろう。


Isabelinia glabrata


ポルトガルならではの標本といえば、地中の圧力で多少なりとも変形した、平べったくて白っぽい幽霊のような標本があげられる。しかしそれ以外にも、他産地のものに類似したものも少なくない。下にあげる画像では、中段の左側がフランス産のイサベリニア、右側のがポルトガル産のイサベリニアだが、ほとんど区別がつかないでしょう?



まあ、イベリア半島付近のオルドビス系から出た標本という観点からすれば、ポルトガル、スペイン、フランスといった区別は無用になる。国境線というものは、人間が便宜的に引いたものにすぎないのだから。


     * * *


いちおうヴァロンゴ層の標本が三つ揃ったので、並べて写真を撮ってみた。ひとつづつ取りあげてみれば違いはあるものの、こうして並べてみると、なんとなく似通っているのも事実だ。この手の標本は、垂直のトゲや出っ張りがないので、私としてはいちばん扱いやすい。なによりも見ていて安心感がある。トゲトゲの多い、見ていてはらはらするようなのは、「癒し」からは程遠いように思うのだが、どうか。



J. W. ソルターが本種を Ogygia glabrata として記載したのは1853年というからずいぶん昔の話だ。タイプ標本はやはりポルトガルのオルドビス系から出たものらしい。ところが、 これに Isabelinia という名前が与えられたのはわりと新しくて、1989年のことらしい。命名者はラバノ(Rabano)という人だが、スペインの古生物学者に Isabel Rabano という人がいる。イサベリニアとこのイサベルさんと関係があるのだろうか?