標本棚

長年放置していた棚を整理して標本棚に使うことにした。ベニヤでひな壇らしきものを作って化石を置くようにしたが、どうも見た目があまりよろしくない。しかし、これもあれこれ試行錯誤しているうちにサマになるんじゃないかと思っている。

初期のころはいろいろ見境なく集めていた化石も、最近ではすっかり三葉虫中心主義になってしまった。Trilobitocentrism という言葉はないようだが、あってもおかしくない気がする。じっさい私にとって化石の世界とは、三葉虫とそれ以外に大別される。「それ以外」にはもちろんありとあらゆる化石が含まれるのだが、それとて三葉虫の絶対的優位を脅かすものではない。それらはしょせん三葉虫という中心のまわりを巡る衛星のごときものにすぎない。

まあ理屈はともかくとして、現在の(つまり初期状態の)標本棚の画像をあげておこう。これが一年後にはどう変っているだろうか?





9月9日追記
コメントへの参考画像