ナニレヌス or タレオプス

AVAILABLE GENERIC NAMES FOR TRILOBITES という、三葉虫愛好家にはバイブルのような資料があって、ネットでも手軽に見られるので重宝しているが、これによるとナニレヌスとタレオプスはそれぞれ次のように説明されている。


ナニレヌス(Nanillaenus)
命名者:JAANUSSON, 1954
模式種:Illaenus conradi BILLINGS, 1859
産地:カナダ、オンタリオ、Black River Group
時代:オルドビス紀中期
分類:イレヌス科


タレオプス(Thaleops)
命名者:CONRAD, 1843
模式種:Thaleops ovata CONRAD, 1843
産地:アメリカ、アイオワ州、Maquoketa Fm.
時代:オルドビス紀後期
分類:スティギナ科


これでみると、両者は科レベルで異なっていることになるが、じっさいはどうだろうか。

下にBPMの図鑑の337ページにある画像をあげておこう。左がナニレヌスで、右がタレオプスだが、ほとんど同一種にしかみえないのではないか。



「ニューヨークの三葉虫」などを見ると、ナニレヌスもタレオプスもひとしくイレヌス科に分類されていて、これがいちばん妥当な見解のような気がする。頬角が鋭角をなして突き出ていたらタレオプスで、柔和に丸まっていたらナニレヌス、というのが素人にはわかりやすくていい。

さて、今回手に入れた標本だが、いちおうナニレヌスの一種ということになっている。しかし、SSPの「オルドビス紀三葉虫」という本によれば、「カナダ産のタレオプスのあるものは、かつてはナニレヌスの一種として分類されていた」とのことなので、もしかしたらタレオプスの一種である可能性もある。

そう思ってよくよく眺めると、たしかに頬角はふつうよりも鋭く突き出ているようにみえるが、なにしろ頭部が上からの圧力でつぶれてしまっているので、正確なところはわからない。






まあ私としては名前などはどっちでもいいので、カナダ産のイレヌス類が手に入っただけで満足だ。産地はオンタリオ州シムコー郡の Verulam 層とのこと。