前回のつづき

いくつか書き洩らしたものを追加しておく。いずれも最近手に入れたもの。


1.アステロフィリテス・エクイセティフォルミス

これはフランス産の石炭紀の植物化石で、見栄えよく母岩を切り取ってある。この手のものはポーランド産が多く出回っていて、あとはスペイン産がそれに次ぐくらいだったが、最近ではフランス産やチェコ産もよく目にするようになってきた。こういうのは見たら欲しくなるのでなるべく見ないようにしている。母岩サイズ7㎝ほど。


Asterophyllites equisetiformis


2.プレウロキスティテス・スクアモス

カナダのオンタリオ州シムコー郡の Verulam 層(オルドビス系)から出たもの。この産地のものではウミユリ(クプロクリヌス)と三葉虫(ケラウルス、ナニレヌス)を以前買った。

今回のプレウロキスティテスは棘皮動物の一種で、cystoid(ウミリンゴ)に分類されるらしい。ウミリンゴはすでに絶滅しているので、生きたものはお目にかかれない。三葉虫と同様、化石でのみ知られている生き物だ。


Pleurocystites squamosus


一口にウミリンゴといってもいろいろあって、このカナダ産のものは Rhombifera(孔菱目)に属するようだ。Rhombifera というのは pore-rhomb(孔菱)をもつもの、という意味で、本体(苞)の表面に三ヶ所、櫛型の条のついた孔(孔菱)がある。





3.シャッタカイト

前回言及したシャッタカイトはナミビア産だったが、今回のはコンゴカタンガ産とのこと。




見えている部分のほとんどはクリソコラであり、シャッタカイトはその上に少しだけ、へばりつくような感じでくっついているのではないかと思われる。もしこれが100パーセントシャッタカイトで覆われていたならば、おそらくかなりの値段になっていただろう。



4.ウミサソリの頭部

ウクライナのシルル系から出たもの。正式名をバルトユーリプテルス・テトラゴノフタルムスという。長さは3㎝ほどで、全体的には印象化石に近い。黒くなっている部分は外殻の名残だろうか?


Balteurypterus tetragonophtalmus


ウミサソリの化石は三葉虫などと比べるとあらゆる意味で大味だ。下の画像はカナダ産のウミサソリと並べて撮ったもの。