ファコプスの館 -La Maison de Phacops

化石ヲ蒐集シナイ日記

サルテロコリフェ・サルテリ

カリメネのようでカリメネでない、ベンベン! と歌いたくなるような、カリメネもどきとも称すべき一群の三葉虫がいる。おもにモロッコで産するカリメネラやプラドエラ、それに欧州で産するコルポコリフェ、ネセウレトゥス、サルテロコリフェ、さらに姉妹科のファロストマ科からプリオノケイルスなど。

これらの三葉虫の模式種を調べてみると、その多くがフランスで産出したことがわかる。こういうのを見ていると、かつてフランスは化石大国だったのではないか、という気がしてくるが、これはたぶん錯覚だ。化石産地としてフランスが優れているのではなく、たんにフランスの学者ががんばった結果、本国から多くの模式種が出たというにすぎないだろう。じっさい、こんにちこれらの種類についてフランス産を求めようとしても、満足できる状態のものなどほとんどありはしない。そこでわれわれの目は隣国であるポルトガルやスペインへと逸れていくのである。

これらのうち、コルポコリフェはいちおうフランス産を手に入れた。ではほかのものはどうするか。

ロッコ勢はしばらく措こう。となると問題になってくるのはネセウレトゥス、サルテロコリフェ、プリオノケイルスの三つだが、フランス産で満足なものが入手できるのは、たぶんネセウレトゥスくらいのもので、あとのふたつはまず絶望的だ。この二つは、他の国のものを探すよりほかない。

というわけで、前置きが長くなったが、今回手に入れたのはポルトガル産のサルテロコリフェ。

ポルトガル産ときくと、いきなりテンションが下がるようだが、やはりそれは多産ゆえの軽視なのではないか、と個人的には思っている。人間というのは、稀少なものは目の色変えて追っかけるが、ありふれたものには見向きもしない。しかしわれわれにとっていちばん大事なのは、そのものが稀少かどうかではなく、標本の質なのではないだろうか。その点でいえば、ポルトガルはけっして他の西ヨーロッパ諸国に劣るものではない。それどころか、多産ゆえの全般的な品質の高さと、それに応じた価格の低廉とは、貧寒なコレクターにはつねに福音でなければならない。


Salterocoryphe salteri (L: 45mm)


この標本では尾板を下にたくしこんでいるが、これはカリメネの仲間には多く見られる姿勢で、おそらく生きているときはこの部分が非常に敏感で、ちょんとつついてやるだけでただちに体丸めを開始しそうな、そんな気配が感じられる。

いずれにせよ、こういうふうにお尻を持ち上げてくれているのは私にはありがたい。というのも、サルテロコリフェとコルポコリフェを見分ける重要な特徴として、尾板の装飾があげられるからだ。前に引いた図をもう一度ここに出してみると──



さて今回の標本ではどうなっているかというと、かんじんの尾板の下のほうが母岩に隠れて見づらくなっている。そこでカッターで少し母岩を削ってみた。石質は非常にもろく、ちょっと刃先を突っ込めばすぐにぼろぼろと崩れてくる。


ビフォー

アフター


こんな感じで、特徴的な尾板をむきだしにできたのは幸いだった。これが確認できないと、欲求不満に陥ってしまうところだ。