ダイフォンについて

待てば海路の日和あり。ぜったい入手不可能と思っていた本種を手にする日が来ようとは……*1


Deiphon barrandei



体長は 16mm と小さいが、幅があるのでけっこう大きくみえる。ダイフォンの模式種である D. forbesi がチェコで産出するのに対し、こちらは英国ウスターシャーのマルヴァーン(malvern)近郊で産出したもの。英国ではマルヴァーンだけでなく、ダドリーでも産出したらしいが、部分化石はそこそこ出るものの、全身揃ったものは稀産中の稀産とのこと。

ことはボヘミアにおいても同様で、バランド先生もだいぶ骨折って探したようだが、ダイフォンの完全な標本は見つからなかった。先生の1872年の図版集に出ている完全体は、二個の不完全な標本をもとにして復元したものらしい。


     * * *


さて、私がこのダイフォンという三葉虫を知ったのはいつだったか。おそらく金子隆一氏の「ぞわぞわした生きものたち」を読んだのが、その初めだったような気がする。この本の69ページにはこう書かれている。

どことなく杉浦 茂ふうのテイストを漂わせた P.70 の生物は、異形の三葉虫として古くから名高い、ファコプス目ケイルルス科のダイフォン(Deiphon)である。模式種 D.フォーブスイ(D. forbesi)がボヘミアチェコ)のシルル紀中期(4億2820万~4億2290万年前)の地層から発見され、プラハ在住のフランス人研究者ヨアキム・バランデによって記載されたのは1850年のことだが、以来、イギリス、スペイン、カナダ、アメリカなど各国でその化石が見つかり、現在その種数は17、生息年代もシルル紀後期(~4億1870万年前)におよぶ。球状に膨らんだ頭部には脂肪ないし油が蓄えられ、これで浮力を生みだして海の表~中層を泳いでいたという説と、海底をゆっくり動く底性生活者だったという説がある*2


これと前後して手に入れた信山社の「世界の三葉虫」に、ダイフォンのレプリカの画像が載っていて、これがレプリカであるにもかかわらず表紙を飾っているのが衝撃的だった。私はこの本の記述を鵜呑みにして、モロッコのシルル系からは6センチほどのダイフォンが産出すると長いあいだ信じていた。

現在、このレプリカをたんなるでっちあげと見るのはたやすい。しかし、もしかしたらほんとうにモロッコでそういう化石が出たのかもしれないし、レプリカはそれを基にして作られたのかもしれない。根拠はないが、私としてはそう考えておきたいところだ。

上に引いた金子氏の記述には「古くから名高い」とあるが、その古さとはどのくらいのものか。日本では昭和41年(1966年)発行の「原色化石図鑑」の28ページに、「シルル紀三葉虫には、他にも派手な外観をもつものがあり、中でも図に示したカェルルス類のダイフォン(Deiphon)は、頭が丸くて大きく、しかも胸の両側葉が棘状になった、まるで骸骨のような奇異な体制をもつ三葉虫の例である」と図入りで説明が出ている。

それより前の、たとえば昭和29年(1954年)に出た、小林貞一らの「古生物学」(朝倉書店)には、ダイフォンへの言及はあるものの、その体制や図が出ているわけではないので、昭和41年の「原色化石図鑑」あたりが古さの上限かとも思うのである。Deiphon をデイフォンではなくダイフォンとドイツ語式に読むのも、本書から始まったのではないか。

もし「原色化石図鑑」よりも前にダイフォンを紹介した日本語の文献をご存じの方がおられたら、ぜひお知らせください。


     * * *


海外ではまずジョアキム・バランドの記載論文(1850年)、それともちろん「ボヘミア中央のシルル系」の第一巻(1852年)がある。残念ながらこれらの著作は電子化が遅れているようなので、見たくても見られない。そこで次に見るべきは、1865年のソルターの論稿(のちに「英国の三葉虫」に収録)であろう。ここには、バランドの業績を受けて、英国で産出したダイフォンに関する記事が図版入りで出ている。

ここではまずソルターがダイフォンについて、"this most odd-looking, rare, and precious Trilobite" と書いているのが印象的だ。英国のダイフォンは、ボヘミアのものと比べてやや小ぶりで、大きくても1インチを超えない。ほかにもボヘミア産のものと比べていろいろと相違点があるので、英国産はもしかしたら別種と考えるべきなのかもしれない。それならば、名前を改めて、この属の発見者である偉大な古生物学者(つまりバランドのこと)にちなんだ種名をつけるべきではないか……

このソルターの提案は、70年後にホイッタードによって実現されることになる。つまり、私が今回入手した Deiphon barrandei Whittard, 1934 である。

さて、その偉大な古生物学者のほうはといえば、1872年に「シルル系」への補遺を書いて、そこでソルターへの回答というかたちでダイフォンに言及している。

バランドはまずソルターがあげた英国とチェコのダイフォンの相違点を書き出す。

1.英の方が、頬棘が弓なりになっている。
2.頬棘のツブツブは、英国産のほうがより鱗状である。
3.チェコのものの個眼が約200個なのに対し、英のはもっと細かい(多い?)というが、ソルターが図を出していないので確認のしようがない。
4.われわれが尾板の上側の肋と解するものを、ソルターは胸節の末端と解する。英国産のものは癒合が完全に行われておらず、ここに隙間があるからで、つまりこの見方からすると、胸節は10あることになる(われわれの見方では9)。

しかしこんなのは、とバランド先生は言う、標本の年齢がまちまちなことから生じただけの、小さい差異ではないか。それよりももっと注目すべきは、胸部の肋を上下に二分する溝ではないか。チェコのものが肋のほぼ中央を走っているのに対し、英国のは明らかに上寄りで、上下の部分が不均等になっている。もっとも、ソルターの図はあまり正確とはいえないので、この点を主たる相違点とするのは困難ではあるが……

どうもこういう記述を読んでいると、バランド先生がだんだん嫌な人間にみえてくる。自分のことを「偉大な古生物学者」と呼んでくれたソルターに対して、これではいささか礼を失しているのではないか。

とりえあずここには、ソルターの本から英国のダイフォンの図を出しておこう。



     * * *


金子氏はダイフォンを評して「杉浦茂ふうのテイスト」というが、私はあの頭のつくりを見ていると、ドイツ表現主義の映画「ノスフェラトゥ」を思い出す。マックス・シュレック扮する吸血鬼と、三葉虫界の骸骨男ことダイフォンとのあいだには奇妙な類縁関係があるように思うのだが、どうか。


     * * *


ダイフォンの名の由来だが、どうもギリシャ神話中の一人物から取られたようだ。Deiphon ──ギリシャふうに読んでデイポーン──はまたの名をデーモポーン(Demophon)といい、その伝承にはいくつかヴァリエーションがある。そのうちのひとつをアポロドーロスの本から引用すると──

ケレオスの妻メタネイラに一人の子供があって、これをデーメーテールが引きとって育てた。彼を不死にしようと思って夜な夜な嬰児を火中に置き、必滅の人の子の肉を剥ぎとろうとしていた。デイポーンは──これが子供の名前であったが──日毎に驚く程成長したが、メタネイラが女神は何をしようとしているかと見張っていて、火中に入れられているのを見つけて大声をあげた。それがために嬰児は火に焼きつくされ、女神は本身を現わした。
(高津春繁訳、岩波文庫より。一部改変)


火に焼きつくされて骨だけになってしまった、ということだろうか。


     * * *


チェコの切手

泳ぐダイフォン(MightyFossils - YouTubeより)



(追記、12月31日)
consuella2293 さんからすばらしい 3D CGI 作品をご紹介いただいたので、リンクを張っておきます。
時空を超越したダイフォンの造形だと思います。

*1:ほんものではなくてレプリカだが

*2:ウィキペディアの記述によって少し補っておくと、底棲生活者としてのダイフォンの頭のこぶは、捕えた獲物を一時的に格納する貯蔵庫のようなものだったという