お知らせとお詫び

最近書いたいくつかの記事は、2、3日したら消すつもりだったが、コメントをいただいたので非常に消しづらくなった。コメントに著作権があるかどうか、とかそういう問題ではない。こういう人の来ないブログにわざわざコメントを書いてくださる、それがどれほどありがたいことか、身に沁みて分っているので、削除するに忍びないのである。それは人の善意までいっしょに消し去ることだ。

とはいうものの、過去に書いた記事が200を超えてきて、それもつまらない記事が多量にあるのが気になっていた。こんなブログでも、たまに見に来てくださる新規の方はいる。そういう人が、読んでも読んでも終りにならない、しかもつまらない記事でいっぱいの状態に辟易している様子がありありと想像できるので、思い切って半分近くの記事を削除した。もちろんコメントもいっしょにである。

というわけで、せっかく書いてくださったコメントは消えてしまいました。まったくもって申し訳ないことで、いくら恨まれても仕方がない。こんなやつのところにもうコメントなんか書くか、というふうに思われても仕方がないのだ。

しかしいっぽう、自分がコメントを書くことを考えると、だれかのブログに書いたコメントがいつまでも残るのはあまり好ましくない。私の書くコメントは、そのときかぎりの会話のようなもので、音声と同様、文字も消えてしまってぜんぜんかまわないのだ。

そう考えてくると、そんなに神経質になることもないか、という気がしてくる。もちろん、これは私の考えであって、他人様もそう考えるかどうかは別問題だ。

まあいずれにせよそういうわけなので、これからもコメントのあるなしにかかわらず、どうでもいい記事はある程度の時間が経ったら削除しようと思う。変な話だが、ブログ記事というものはそういう一時的なもので、書籍みたいにいったん出ればいつまでもあるというものではない。ブログにかぎらず、ウェブの記事はエフェメラのようなもので、リンク切れなどは日常茶飯事に属する。

では、なんでそんなつまらない記事を書いて投稿するか、といえば、定期的に見に来てくださる少数の方々には、ちょっとした暇つぶし程度の楽しみを与えることができるのではないか、と考えるから。消すつもりだった「レプリカを集める男の話」だとか、「コレクター失格」だとか、そんなものでも、なんとなく書きたい気になったから書いたのだし、自分だったら他人の書いたそんな話は読みたいと思うだろう。

というわけで、これからも埋め草的な記事は書いていくと思うし、しばらくしたらそんな記事が消えていることもあると思う。すべては私の気分次第なので、納得のいかない点があっても、また citarius が阿呆なことをやっとるわい、というくらいの気持で眺めていただければ幸いです。