三葉虫人間はどこにでもいる

「週間はてなランキング」とかいうのが目についたので見てみると、はてなブログでブックマークが何百とか、ものすごい数字が並んでいる。このあたりははてな村(今でも使われているのか?)の絶巓であり、極北である。自分のところと比べることさえおこがましいが、私のブログは4年近くもやっていて、アクセスは日に10人ほどで、ブックマークのごときは全記事あわせても一つだけ。いったいどこからこの差は出てくるんだ、と思う間もなく、三葉虫がテーマではそれもしかたないな、と思う。みなさんも心当たりがあるだろう。職場で、あるいは学校でもいいが、まわりに三葉虫を集めている人が何人いるか。たいていは一人もいないでしょう?

というわけで、マイナー分野をテーマにしたブログが読まれないのは当然のことなので、私がわるいわけではない。だれがやったって、そう、〇〇の巣穴や〇〇の世界や〇〇収集ブログのような、この世界ではメジャーどころであっても、注目度はたいてい☆ひとつが限度なのである。

話は変るが、私がいつも持ち歩いているクリアファイルには、バランド先生の図版集のページをプリントアウトしたものが入れてある。私としては洒落のつもりなのだが、もちろんそんなものにはだれも関心をはらわない。私もふだんはそういうものがファイルの表紙になっているのを忘れている。

あるとき、スタンドで給油していると、作業員が「おもしろいですなあ、化石ですか」といきなりいうので面食らってしまった。化石なんてこの車に置いてないぞ、と怪訝な顔をしていると、その人は窓越しにクリアファイルを指さして「それ、化石じゃないんですか?」という。はっとして、「はい、そうです。三葉虫です」と答えてしまった。

いままで社内で何人もの人に見られながら、それが三葉虫であることはおろか、化石であることにすら気づいてもらえなかったのに、スタンドの作業員に一発正解してもらえたのはじつに嬉しかった。化石の愛好家は意外なところにいる。ふだんはいないようにみえて、じつは電車であなたの隣に座ったひとが「三葉虫人間(Trilobite person フォーティの造語)」かもしれないのだ。

それ以来、見ず知らずの人がのぞきこんでいるスマホに自分のブログが出ていたら、というようなことを夢想するが、もちろん現実にはそんなことは起こりっこない。

停滞

この前ロシア産の稀少種で失敗してからというもの、どうやらツキに見放されてしまったようで、いままでコンスタントに続いていた蒐集の手がぴたりと止まってしまった。まあ一種のスランプと思えばいいのかもしれない。じっさい、どこを見渡しても欲しいと思う標本が皆無なのである。それはそれでお金を使わずにすむのはありがたいのだが……

4年間走り続けてきたわけだから、このあたりで一休みして、初心に帰ってみるのもいいかもしれない。初心といえば、三葉虫を集めはじめたころ、某所に出した文がある。その一節を引用してみよう。

私が寓目したうちで、欲しいと思う三葉虫をランダムに並べてみると、まずアカントピゲ・ハウエリ(これは ebay で土壇場で他人にかっさらわれた)、オギギオカレラ・デブッキイ(デブッキイ以外ではだめだ)、キベレ・ベラトゥラ(キベレという名がよい、フランス語読みにするとシベールだから)、イソテルス・マキシムス(巨大アサフス!)、アルクティヌルス・ボルトーニ(ヤフオクのとある業者のトレードマーク)、ハルペス(初めて見たときは便器を連想した)、オンニア(目のない三葉虫ではいちばん好きかも)、アカドパラドキシデス(カンブロパラスを手に入れた今となってはあまり欲しくなくなったが、それでもまだまだ)、シュードキベレ(小さいが、顔を見たとたんに参った)、セレノペルティス(できれば後ろの棘の長く延びたやつ)、モドキア・ティピカリス(エルラシア・キンギでがまんしろ、という声もある)、プリオメラ・フィッシェリ(これも顔にやられた、それとあの彫り刻んだかのような体節!)、オレネルス類(三日月形の目と棘が魅力)、ダルマニテス(なんとなく知的な感じがするのは気のせいか)、トリメルスもしくはパラホマロノトゥスもしくはディプレウラ(今まで見たうちでもっともインパクトのあった個体、しかし名前をメモするのを忘れた)、等々。


このころの、未知の大洋へ乗り出すような、抑えきれない胸のときめきが戻ってきてくれることを願うばかり。

化石や鉱物の手入れ

みなさんは標本につく埃はどうしてますか?

自分はケースに入れて保管しているから、埃なんか気にしない、という方もおられるでしょう。まあそれはそれでかまいませんが、ケースに入れているからといって、埃が付着しないとはかぎらない。まったく、埃というやつはどこからでも侵入する。それに、埃でなくても、脱脂綿やなんかの綿ゴミが標本に纏わり付いてる場合もある。ふだんは分らなくても、画像を撮ったりすると意外にゴミだらけ、ということもあるだろう。

さて、この標本に付着する埃だが、見た目がよろしくないのは当然として、いったい実害はあるのだろうか?

私はあると思う。たとえば、鉱物や化石を扱っている店の棚の下の方にしまいこまれた三葉虫たち。それらを見ると、母岩ともどもなんとなくくたびれて、煤けたようになっている。たんに表面が薄汚れているのではなく、標本の内部にまで汚れが沁み込んでいそうで、布で拭ったくらいでは簡単にきれいになりそうにない。これは長年にわたって標本に積もり積もった埃の作用でこんなふうになってしまったのではないか。

まあ化石の場合、ある程度の古色はかえって標本の品位を高めるかもしれない。問題は鉱物だ。これは硬度が低くなればなるほど外部からの作用の影響を受けやすくなる。それは見やすい道理だろう。埃くらいならまだどうにかなるが、タバコの煙なんかはてきめんに悪影響を及ぼす。煙の粒子が鉱物の表面に付着し、徐々に変質させていくのは自分の手元にある標本をみればわかる。それはもう水洗いしようが洗剤で洗おうが、ぜったいに元の状態には戻らない。

というわけで、せっかく手に入れた標本をなるべく長く元の状態のまま保管したいと思う人々にとっては、埃対策にもそれなりに気をつけなければならないのである。

私は最初、カメラのレンズの埃を飛ばすゴム製のブロワーがいいんじゃないかと購入してみたが、これはほとんど使い物にならなかった。埃というものは意外に粘着性があって、そう簡単には空気では飛ばせない。それに、繊細な標本の近くにこれを持っていってシュポシュポするのは、先端を標本に当ててしまいそうでこわい。まあないよりはマシ、といったレベルで、これはあまりお勧めではない。

私が標本の埃落としに使っているのは、パソコンのモニター用の刷毛だ。これは静電気の作用で埃を除去してくれるらしいが、正直いって静電気が効いているのかどうか定かではない。ただ、毛が非常に細く柔らかいので、たいていの標本に使っても大丈夫だ。究極のトゲトゲ標本といえるコネプルシアの逆立ったトゲをかき分けるようにして外殻の埃を除去しても、トゲにはまったくダメージを与えずにすむだろう。それに、刷毛の長さを調整することでコシの強さに変化をつけられるのもいい。しつこい埃には刷毛の長さを短くすることで対処できる。

鉱物の場合、化石とは比較にならないくらい表面の構造が繊細なものも少なくないが、いちおううちにある鉱物はどれもこのブラシできれいに掃除できる。脆いので有名なジプサムでもまったく問題ない。オーケン石くらいになるとちょっと心配だが、いつか手に入れたら試してみよう。


【2006年モデル】ELECOM コンパクトブラシ KBR-006BU

【2006年モデル】ELECOM コンパクトブラシ KBR-006BU

失敗談

私の三葉虫集めが二勝一敗ペースで来ていることはこの前書いた。今回またしても黒星を喫してしまったわけで、その次第を書いておこう。何を買ったかは伏せておくが、わかる人にはわかるだろう。

そもそもの発端は思わぬ臨時収入があったこと。けっこうまとまった額のお金がぽんと入ってきた。どうせこういうのはあぶく銭なので、さっさと使っちゃいましょう、ということで、前から欲しくて目をつけていた三葉虫を購入。これは最初に目にしてからもう二年以上もずっと売れずに残っていたものだ。

さて届いた品を見ると、どうも様子がおかしい。この違和感はなんだろうと思ってよくよく眺めると、胸節がずれて隙間が空いており、そのぶん全体が間延びしたようになっている。これは、と思ってサンプル写真を見ると、じつにうまくこの隙間が写り込まないようなアングルで撮ってある。頭部のアップ画像ではたしかにこの胸節のずれは見て取れるが、そんな写真では当然のように頭部にばかり目がいって、下のほうなんかろくに見てやしない。

正直言って「やられた!」と思ったね。うーん、この露助め、とそういうことを言っちゃいけないが、まあそのときはそう思った。

こういうのはあまり気にしない方がいいのかもしれない。私だってふつうならたいして気にもとめない。しかし今回のものは前から欲しいと思い、それなりに愛着のある種類で、しかも値段はけっして安くはないのだ。要するに、高くてもいいからちゃんとした標本が欲しい、と思ったその標本がどうにも満足できかねるものだったとしたら、これはもう失敗としかいえないのではないか。

いずれにしても、買ってしまったものはもう仕方がない。気に入らないところは見ないようにして、いいところを探すとしよう。見れば頭部の作りはしっかりしているし、造形的にも美しい。顔線はどんな具合に入っているのかな、と思いつつ、ルーペで調べていたら、標本を支えていた指先の抵抗がふいに消え、なにか嫌な感触が伝わってきた。はっ、と思う間もなく、片方の頬棘の先端を圧しつぶしてしまったことに気がつく。

これはいかんとアロンアルファを取り出して、その折れたコンマ5ミリくらいの小さいのをくっつけようとピンセットの先につまんだはいいが、なにしろ小さくてひっかかりがないので、ちょっと手元が狂ったと思ったら、あっというまにどこかへ飛んで行ってしまった。

失われた──永遠に──

まあ折れたといってもほんの先っぽだけなので、ふだんなら仕方ないと諦めるが、何度もいうように今回はものがものだけに、どっか行っちゃったよアッハッハと笑ってもいられないのである。

というわけで、今回は自分の思い込みのつよさ、見る目のなさ、標本の扱いの雑さ、などのせいでさんざんな目にあった。まあ長く続けていればこういうこともあるだろう。

とりあえずの総括

私が最初に三葉虫を買ったのは2013年の3月だった。それからしばらくは様子見で、軌道に乗り出したのは6月くらいだから、今でちょうど4年が過ぎたことになる。もうあれから4年が経ったのか、と自分でもちょっと意外だが、それより恐ろしいのは、すでに5年目に突入しているという、この動かしがたい事実だ。

この4年間の成果を書いておくと、買った三葉虫トータルで145個、そのうち47個は手放した。だいたい3個買えば1個手放している勘定になる。現在残っているのは98個。その内訳を国別に多い順からあげると、

アメリカ-----30
チェコ-------19
フランス-----13
モロッコ------9
イギリス------6
ロシア--------5
ドイツ--------5
カナダ--------3
スウェーデン--3
ポルトガル----2
ベルギー------2
スペイン------1

フランスが多いのは、オルドビス紀の標本をまとめ買いしたからで、種数に直せばそれほど多くはない。

時代別にみると、

カンブリア紀--15
オルドビス紀--46
シルル紀------14
デボン紀------13
石炭紀--------10

オルドビス紀はやはり三葉虫の最盛期なので、どうしても多くなるようだ。

さて、これにかかった金額だが、あまり考えたくないが、均せば月に3万くらいか? まあ趣味に使う金額としては妥当なところだろう。

自分にとってのエポックメイキングな標本について少し書いておこう。

まず2014年の2月に買ったチェコのパラドキシデス。これはFっしるのヤフオク出品で、1万2000円だった。これにはがつんとやられたなぁ。その衝撃の大きさは、このブログの最初のほうに書いた「パラドキシデス頌」にある程度の残響を留めている。それはまさにコペルニクス的転回だった。

次は2015年の5月に手に入れたオクラホマのディクラヌルス。これはMFの出品で、6万か7万だったように記憶している。私の高額三葉虫デビューがこれで、翌月にはさらなる高額種、オクラホマのケラトヌルスを買ってしまった。このふたつを手に入れてわかったことは、高い金を出したからってそれに見合う満足が得られるわけではない、という当り前の教訓だった。

その次は2016年の4月に手に入れたスフェロコリフェ。これもMFの出品だ。吊り上げされつつも9万ほどで落札できたのはラッキーだった。私はアイコンからも分るようにダイフォン好きなので、ダイフォン亜科の稀少種となるとどうしても特別な目で見てしまう。

2017年度はロシア三葉虫の年にしたいと思っているが、やはり高額種だらけなので、限られた予算では思うように買い物ができない。数ヶ月に一個ペースでは、私の三葉虫欲が満たされないのである。さてさてどうすればいいか?

まあこうしたいと思ってもそのとおりになることはまずないので、これまでどおり流れに身を任せるほかないだろう。

カリメネについて

みなさんはカリメネがお好きですか? 私は大好きですよ~

というわけで(?)、今回はカリメネのお話。まず大御所フォーティの意見を聞いてみよう。

「カリメネは多くの人から典型的な三葉虫とみなされている。……シルル紀の地層で最もふつうに見つかる三葉虫の一つで、古い歴史をもつウェンロック地域で発見された。……ウースターシアのダドリーの町では、一八世紀および一九世紀に栄えた採石場から、何万という美しく保存されたブルーメンバハのカリメネ(カリメネ・ブルメンバキイ)が産出した。気の利いたコレクションであれば、かならずこの標本が一つか二つはあるはずだ。それらは妙に人を満足させる代物で、手のひら大で、ふっくらとし、まぎれもない根源的な魅力を発散している。……」(「三葉虫の謎」pp.113 - 114)

「気の利いたコレクションであれば……」 なるほどそうかもしれん、と思いながら、保育社の「原色化石図鑑」を見ると、ここにもカリメネ・ブルーメンバッキィの写真が出ている。しかしこれはイリノイ州グラフトンで出たものだから、正確には blumenbachii ではなくて celebra であろう。

私もつい最近このグラフトン産のカリメネ(ステナロカリメネ)を手に入れた。保存状態はあまりよくないけれども、この産地のものの特徴はよく出ている。ざらざらした質感で、艶がなく、脆そうな石質なので、好みが分かれそうだが、私は嫌いではない。「(カリメネの)白い色は恋人の色」というわけで、その色合いはブルボンの銘菓ホワイトロリータを彷彿させる*1


Calymene celebra



ところで、カリメネはシルル紀限定というわけではない。その前のオルドビス紀にも、後のデボン紀にも棲息していた。さすがにデボン紀になると衰退の度合がいちじるしいが、オルドビス紀であれば、世界各地の地層からカリメネの産出は報告されている。

そこでふしぎに思うのは、あれほど多種多様の三葉虫を産するロシアでなぜカリメネが出ないのか、ということだ。広くカリメネ目ということでいえば、なんとかいう稀少種が出るらしいが、「オルドビス紀三葉虫」という大冊をひっくり返しても、ロシア産の一般的なカリメネはどこにも見当らない。カリメネにとって、オルドビス紀のロシアは棲みやすい環境ではなかったのだろうか?

まあそれはそれとして、やはり最近手に入れたものに、カリメネ・ブレヴィケプスというのがある。産地はインディアナ、年代はシルル紀。ご覧のとおり、母岩なしの小さい標本だが、これが色といい保存状態といい、ロシア産の三葉虫にじつによく似ているのだ。じっさいのところ、ロシア産のカリメネがもしあったらとたらこんな感じではなかろうか、と思ってしまうほどもの。いちばん下にアサフスと並べた画像を出しておく。


Calymene breviceps



自在頬が反転して下にずれ込んでいるので、おそらく脱皮殻であろう。見た目はオクラホマ産のカリメネ・クラヴィクラとほとんど同じだ。そこで思うのだが、オクラホマのクラヴィクラ、インディアナのブレヴィケプス、イリノイのケレブラ、これらは生前はほとんど区別がつかないくらい似ていたのではないか。

一方、同じシルル紀のカリメネといっても、ダドリー産のものとなるとだいぶ容子が違ってくる。これが模式種になっているのは、たんに最初に発見されて研究されたという歴史的偶然によるものだが、形態的にも模式種になりうるだけの条件を備えている。というのも、あらゆるカリメネのうち、これがいちばん過不足のない形をしているからで、よくいえば黄金の中庸、わるくいえばこれといった特色がないのである。カリメネにおけるミスター平均は間違いなく本種であろう。


Calymene blumenbachii

Society Logo – BCGSより)


さて、フォーティは本種について、胸節は12あると書いている。いっぽう、原記載者であるブロンニヤルの論稿をみると、胸節は14とある。どっちが正しいのか? ネット上の画像で確認すると、どうも13個が正しいような気がするが、私の数え方がまちがっているかもしれない。北米産のカリメネに関しては、どの種類も13個ということで決着がついているようだ。

胸節の数なんてどうでもいいじゃないの、という声もあるだろうが、私は気にする方だ。フェイクをつかまされないように用心しているうちに身についてしまった習性かもしれないが……

あと余談だが、カリメネという名前はブロンニヤルの創案にかかるもので、ギリシャ語の kekalymene(隠されたもの、知られざるもの < kalypto)の前綴り ke を省略したものらしい。初期の三葉虫の名前は、アサフスもパラドキシデスもアグノストゥスもみな「得体のしれないもの」という意味のギリシャ語由来なのがおもしろい。

ついでに、1750年の「哲学紀要(Philosophical Transactions)」に出た、史上初のカリメネの画像を紹介しておこう。もちろんダドリー産の C. blumenbachii である。




カリメネといえばダンゴムシのように丸まった姿勢のものがよく見られる。これについてフォーティはこう書いている。

「私は、学校の生徒たちが手のなかで四億年以上の歴史の重みを実感できるように、丸まったカリメネを彼らに手渡しさせていくのが好きだ。そのような実物とのかかわりは一回で、10本のビデオよりも価値がある。……」(前掲書、p.114)

私もドロトプスの丸まったのを手にもったときは、手の細胞がなにかを感じ取ったような気がしたが、あれが歴史の重みというものだったのか……


     * * *


もうひとつ、最近手に入れたカリメネに、カナダのオルドビス系から出たフレキシカリメネ・セナリアがある。この種類はいままで二度買っていて、二度とも手放した。今度のが三度目の正直ということになればいいと思う。


Flexicalymene senaria



カリメネの種類の違いはおもに頭部に現れている。とくに頭鞍のコブの大きさや形、溝の切れ込み具合などが識別の重要なポイントになるらしい。おおざっぱにフレキシカリメネとディアカリメネとの見分け方が書いてあるページがあるので紹介しておこう。

この piranha さんがあげている図が非常にわかりやすい。頭の前の「吻」の部分に畝がついているかどうか、頭鞍の二個目のコブが固定頬の張り出しに接しているかどうか、が決め手のようだ。


     * * *


*1:苦灰石 dolomite というらしいが、この名前がまたロリータの正式名ドロレス Dolores を想起させる

グリーノプス・ウィデレンシス

「ニューヨークの三葉虫*1」という大判の本を飾る(?)何種類ものグリーノプス。その魅力的な画像を眺めながら、自分もいつかはニューヨークのグリーノプスを、と思っていたが、なかなかこれといった標本が見つからない。上記の本のすばらしい画像を見ているだけに、中途半端なものは買う気がしないのである。これはもうだめかな、と諦めかけたときにふと目についたのがカナダ産のグリーノプスだった。

カナダ、とくにオンタリオ州の南のほうでは、オルドビス紀三葉虫がよく産出するようだが、デボン紀のものはどうか。AMNHのページを見ても、載っているのはグリーノプスとファコプスだけで、最後のカリメネといわれる Calymene platys を加えても三種類にすぎない。これらのうち、ファコプスとカリメネはかなりの稀産のようなので、実質的にはカナダのデボン紀三葉虫といえば、グリーノプス一種類で代表させているのが現状ではないだろうか。

まあそれはともかくとして、ニューヨーク産が手に入らない以上、カナダ産につくよりほかない。なんといってもオンタリオ五大湖をはさんでニューヨークの反対側にあるので、地層的にはいちばん近いと思われるからだ。画像で見るかぎり、カナダ産のグリーノプスにはニューヨーク産ほどのオーラは感じられないが、それももしかしたら私がかってに作り上げた幻想かもしれないではないか。

というわけで、とりあえず手に入れたのが下の画像のもの。大きさは27㎜で、右の頬棘は前所有者が逆さまにつけていたのを正しい向きにつけかえた。


Greenops widderensis






買ったときは Greenops boothi という名前がついていたが、これはおそらく妥当でない。カナダ産のグリーノプスが G. boothi にきわめてよく似ていて、ほぼ同種であるとしても、細かく見ていけばやはり違いはある。数あるグリーノプスのうちでも、boothi といえば模式種なので、自分としてはやはりそれなりの敬意は払っておきたい。そして、カナダ産のは産地(Widder)の名前をとって widderensis としておくのがいちばん無難で分りやすいと思う。

ニューヨーク産のグリーノプス類については、上記のコーネル大の本(pp.129 - 130)に相違点が細かく書かれているから、興味のある人はそちらに就かれたい。ここではごくおおざっぱにその要点だけ書いておこう。

まずグリーノプスとベラカートライティア(Bellacartwrightia)の見分け方。

→中軸に棘が並んでいればベラカートライティア、なければグリーノプス。

ベラカートライティアには5種類、グリーノプスには3種類ある。前者はさておくとして、後者の見分け方を書いておくと──

→額環に目立った突起があれば G. boothi
→額環に目立った突起がなく、かつ尾板まわりのトゲが尖っていたら G. barberi
→額環に目立った突起がなく、かつ尾板まわりのトゲが尖っていなければ G. grabaui

こんなところでどうだろう。

*1:Trilobites of New York, Th. E. Whiteley et al., Cornell Univ. Press