読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリーノプス・ウィデレンシス

「ニューヨークの三葉虫*1」という大判の本を飾る(?)何種類ものグリーノプス。その魅力的な画像を眺めながら、自分もいつかはニューヨークのグリーノプスを、と思っていたが、なかなかこれといった標本が見つからない。上記の本のすばらしい画像を見ているだけに、中途半端なものは買う気がしないのである。これはもうだめかな、と諦めかけたときにふと目についたのがカナダ産のグリーノプスだった。

カナダ、とくにオンタリオ州の南のほうでは、オルドビス紀三葉虫がよく産出するようだが、デボン紀のものはどうか。AMNHのページを見ても、載っているのはグリーノプスとファコプスだけで、最後のカリメネといわれる Calymene platys を加えても三種類にすぎない。これらのうち、ファコプスとカリメネはかなりの稀産のようなので、実質的にはカナダのデボン紀三葉虫といえば、グリーノプス一種類で代表させているのが現状ではないだろうか。

まあそれはともかくとして、ニューヨーク産が手に入らない以上、カナダ産につくよりほかない。なんといってもオンタリオ五大湖をはさんでニューヨークの反対側にあるので、地層的にはいちばん近いと思われるからだ。画像で見るかぎり、カナダ産のグリーノプスにはニューヨーク産ほどのオーラは感じられないが、それももしかしたら私がかってに作り上げた幻想かもしれないではないか。

というわけで、とりあえず手に入れたのが下の画像のもの。大きさは27㎜で、右の頬棘は前所有者が逆さまにつけていたのを正しい向きにつけかえた。


Greenops widderensis






買ったときは Greenops boothi という名前がついていたが、これはおそらく妥当でない。カナダ産のグリーノプスが G. boothi にきわめてよく似ていて、ほぼ同種であるとしても、細かく見ていけばやはり違いはある。数あるグリーノプスのうちでも、boothi といえば模式種なので、自分としてはやはりそれなりの敬意は払っておきたい。そして、カナダ産のは産地(Widder)の名前をとって widderensis としておくのがいちばん無難で分りやすいと思う。

ニューヨーク産のグリーノプス類については、上記のコーネル大の本(pp.129 - 130)に相違点が細かく書かれているから、興味のある人はそちらに就かれたい。ここではごくおおざっぱにその要点だけ書いておこう。

まずグリーノプスとベラカートライティア(Bellacartwrightia)の見分け方。

→中軸に棘が並んでいればベラカートライティア、なければグリーノプス。

ベラカートライティアには5種類、グリーノプスには3種類ある。前者はさておくとして、後者の見分け方を書いておくと──

→額環に目立った突起があれば G. boothi
→額環に目立った突起がなく、かつ尾板まわりのトゲが尖っていたら G. barberi
→額環に目立った突起がなく、かつ尾板まわりのトゲが尖っていなければ G. grabaui

こんなところでどうだろう。

*1:Trilobites of New York, Th. E. Whiteley et al., Cornell Univ. Press

コルポコリフェ・ルオーティ

某氏のブログに、複眼が保存されたロシアのアサフスの記事が出ていたので、手持ちのエキスパンススの眼をルーペで調べてみたが、個眼レンズなどひとつも確認できやしない。まあこれは仕方ないな、と思って、何の気なしにプリオメラ(同じくロシア産)の眼を覗いてみると、驚いたことにこっちには個眼が保存されている! 全体の保存があまりよくないだけに、まさかこの標本にこんなものが確認できようとは夢にも思わなかった。

というわけで、プリオメラの標本をもっている人は、ぜひルーペで眺めてほしい。あの小さい眼にびっしりとレンズが並んでいるさまはちょっとした見ものだから。

さて、そのプリオメラによく似たカリメネだが、これには個眼レンズどころか、眼そのものがなくなっているケースが大多数のようだ。もし眼の保存されたカリメネがあったとしたら、それだけで値段がぐんと上がるのではないかと思う。

今回手に入れたのは、そのカリメネの仲間であるコルポコリフェ。フランスのブルターニュで採れた標本で、この地方に特有の色合いをしている。そして、これには個眼レンズが(左だけだが)保存されているのだ。なるほどカリメネの眼はこういうふうになってるんだな、という漠然とした理解が得られる程度のものにすぎないけれども……


Colpocoryphe rouaulti



コルポコリフェについては、前にネセウレトゥスについて書いたときにちょっと触れた。そのときに、コルポコリフェ、サルテロコリフェ、ネセウレトゥスという、互いによく似た三種類の三葉虫の相違点をまとめた図にも言及したが、それをもう一度ここにあげてみると──



Neseuretus / Colpocoryphe / Salterocorypheより)


コルポコリフェに特徴的な尾板の凹みは、今回の標本でもよく確認できる。というか、これを実物で確認するために今回の標本を買ったようなものだ。なるほどこういう特徴は他のカリメネには見られない。人間でいえばこけたケツ、つまり肉が削げ落ちてくぼんだお尻でもあろうか。



尾板と並んで特徴的なのは、頭部の前面にみられる弧状の切れ込みだろう。カリメネにしろホマロノトゥスにしろ、この部分にはたいてい「縁」がついているが、コルポコリフェの頭部に「縁」はほとんど見られない。「縁あり」に慣れた目からすると、あるべき縁がすっぱり切り取られたかのような、ちょっと異様な風貌にみえる。



コルポコリフェの模式種は Colpocoryphe arago で、これは1849年にマリー・ルオー(Marie Rouault)が Calymene (Synhomalonotus) arago として記載している。ブルターニュのイル・エ・ヴィレーヌ県で採取されたもので、arago というのは、ルオーが世話になった科学者兼政治家のフランソワ・アラゴへの献名らしい。その後、1918年にチェコの研究者のノヴァクによって Colpocoryphe と改名された。

ノヴァクの先生であるバランドの図版集には、このカリメネ・アラゴの図が出ている*1。それらを見ると、たしかにフランス産のものに酷似していて、ほとんど同一種がチェコでも産出したことがわかる。シュナイドルによれば、チェコで産出するコルポコリフェには5種類あって、無眼のものから眼が飛び出たものまであるそうだ。

チェコばかりでなく、コルポコリフェの仲間はヨーロッパ各地、さらにモロッコでも産出する。SSPの図鑑をみると、11個もの標本があがっているが、それらすべてが厳密にコルポコリフェ属であるかどうかについては疑問がなくもない。

まあ私はそんなに多くのコルポコリフェを必要としているわけではないので、模式種に近いフランス産のものが手に入っただけで満足している。




標本データ
名前:Colpocoryphe rouaulti
サイズ:37mm
産地:Massif Armoricain, France
地層:Formation de Traveusot
年代:オルドビス紀中期

*1:Barrande 1872: Pl.2, fig.34-40, Pl.8, fig.10-12

腕足類と三葉虫と蘚苔虫のコラボ

三葉虫には ventral(裏彫り)というクリーニング法がある。その名のとおり、腹側から母岩を取り除く方法で、背側からのクリーニングほど一般的でない。これが行われるのは、たとえば付属肢つきの標本、ニューヨークのトリアルツルスやブンデンバッハのコテコプスのような種類、それから重複板の構造がよくわかるアサフス類、あとケイルルスのうちでも平べったい形状のケラウルスなどに限られる。

「ニューヨークの三葉虫」をみると、裏彫り標本に特徴的なものとして、apodeme(s) という構造の説明がある。読んでもあまりよく分らないが、これは appendifers とも呼ばれるように、付属肢と本体とをつなぐ筋肉の付着部分のようだ。背側の軸溝(凹)に対応する、腹側の出っ張り(凸)で、これの発達程度によって当該三葉虫生活様式の一端を垣間見ることができるらしい。

さて今回、カナダのケラウルスの裏彫り標本を手に入れたので、その apodemes を確認するつもりで眺めてみたが、どの部分がそれに当るのかよく分らなかった。もうちょっと状態のいい標本なら、はっきり分かるのかもしれないが……まあそれでも、トゲの裏側にある溝や、梯子状に並んだ骨格の仕組みが確認できただけでもよしとしよう。





今回の標本のおもしろいところは、全体の構図がなんとなく人体の解剖図に似ていることだ。三葉虫の胴体を人間の肋骨に見立てると、腕足類が頭、コケムシの群体が手足の骨に見えてくる。左側に単独で置かれたコケムシなどは、まるで大腿骨の模型のように見えはしないか?



ヴェサリウスの解剖図譜より

スコトハルペス・スパスキイ

前から欲しかったがあまりの高さに手が出せずにいたもの。今回わりあい安価に買えたのはラッキーだったが、一般に出回っているものよりも一回り以上小さい(18㎜ほど)。このサイズのおかげでだいぶ安くなっているように思う(ふつうは25㎜ほど)。

しかし本種は最大で50㎜に達するらしく、それに近い大きさの標本も売られているようだ。そういうものからすると、25㎜も18㎜も小ぶりであることに違いはない。そう思ってサイズには目をつぶることにした。


Scotoharpes spaskii



今回の標本で気に入ったのは、胴が巻かずにまっすぐ伸びているところ。私は基本的にエンロール状態が苦手なので、カリメネにしろファコプスにしろ、丸まったやつにはどうも愛着が湧きにくい。今回のハルペスはやや反り返り気味だが、これはまずまず許容範囲内だ。



さてハルペスといえば、鍔の部分に開いた無数の孔が特徴なのだが、この標本ではそれらの孔はあまり明瞭でない。それどころか、凹ではなくて凸で保存されているようにみえる。そしてそれら無数の凸は、鍔の内側から外側へ向けて、放射状に広がっている(ちょうどハルピデスの genal caeca のように)。



あと、購入元によればこの標本は修復率1%とのことだが、この数字はどうだろうか。ブラックライトを当ててみると、あちこちから怪しい光を発する。この光った部分をルーペで拡大してみると、たしかにその箇所では何らかの処理が行われているようだ。しかし具体的に何が行われているかを確認するのは困難だろう。



最後に、名称の問題について書いておこう。本種の種名の spaskii は spasskii と書かれることもあるようだ。どうして二通りの表記が行われているかといえば、最初の記載者であるアイヒヴァルトのちょっとした間違いがその遠因になっている。

アイヒヴァルトは、エストニアのタリン近郊で見つかった新種の三葉虫を Trinucleus spaskii と名づけて、自分の友人のJ. T. スパスキ教授への献名としたが、教授の名は Spasski と綴るので、正しくは spasskii でなければならない。ところがアイヒヴァルトはうっかりそれを spaskii としてしまった(sをひとつ落した)。学名というものは、いったん決った以上は、たとえ綴りが間違っていたとしても、あとから変更はきかないらしく、spaskii という権利上の名前がこんにちまで生き残っているわけだ。

その一方で、事実上の名前をとって spasskii とする人々もいる。じっさいのところ、1881年にフリードリヒ・シュミットが spasskii 表記を採用してからというもの、ほとんどすべての人が右へならえで spasskii を使っているらしい。

そういうわけで、慣用的には spasskii で何の問題もないが、私はあえて spaskii にこだわってみた。モーニング娘には「。」がついていないとダメだ、という人には分ってもらえるだろう。


産地情報:
Lower Ordovician, A. lepidurus zone
Putilovo quarry, St Petersburg region, RUSSIA



(追記、5月4日)
スコトハルペスの「スコト」というのは、スコットランドの「スコット」から来ているらしい。つまりスコットランドで産出するハルペスに「スコトハルペス」という名前がつけられ、それがそのままロシア産のものに流用(転用?)されているわけだ。

スコットランド産の模式種 Scotoharpes domina のタイプ標本が下記のページで見られるから、興味のあるかたはどうぞ。

SPPLとMFの「オルドビス紀三葉虫」によれば、本種は Solenoharpes や Aristoharpes といった属名で呼ばれることもあったらしいが、それらはいずれも後から出た異名にすぎないので、先行の Scotoharpes にプライオリティが与えられているとのことだ。

ちなみに、ハルペスという属名は 1839年にゴルトフス(Goldfuss)がアイフェル産の模式種(Harpes macrocephalus)に与えたもので、形態的にはモロッコで産出するハルペスにいちばんよく似ている。

スピニボレ・コッドネンシス

英国産の石炭紀三葉虫。産地はデボン州のバーンスタプルという町の近くで、そこに Coddon Hill Beds という石炭紀前期の地層があるらしい。種名の coddonensis はその Coddon Hill から取られたものだろう。Spinibole の spini- はたぶん「トゲ」の意味だと思うが、そのトゲ(頬棘)は今回の標本では明瞭でない。眼は非常に小さいか、もしくは盲目。頭の前方にカリメネみたいにめくれ上がった吻がある。頭部と尾部の周囲に際立った辺縁あり。胸節は9個。尾部の中軸は縦方向にさらに三つに分かれている。体長は約1㎝。


Spinibole coddonensis


今回の標本は、買ったときは右の部分に少し母岩が被っていた。売り手(ボブK)は「もう少しプレップすれば右の自在頬が出てくるかもしれないよ」という。その言葉に従って、右のほうをすこしカッターで削ってみた。


ビフォー

アフター


たしかに自在頬は出るには出たが、美的な見地からいうと、ビフォーのほうに軍配が上がりはしないか? それとも私の整形が下手なだけか? まあ結果はどうあれ、作業自体は楽しめたのでよしとしよう。

アルケゴヌス(・ラティボレ)・レヴィカウダ

ドイツ産の石炭紀三葉虫。黒いネガポジセットはアプラート(Aprath)から、白い尾板標本はフェルバート(Velbert)からそれぞれ採取されたものだが、地図で確認すると、このふたつの産地はそれほど離れていない。おそらく同じ地層がつながっているのではないかと思う。このあたりはデュッセルドルフやエッセンにも程近く、ここを南下していくと、ドイツの三葉虫畑として名高いゲロルシュタインやゲース(すなわち狭義のアイフェル)に出る。


Archegonus (Latibole) laevicauda




アプラートというのは石炭紀三葉虫に興味をもつと必ず目に入ってくる地名で、BPMの図鑑によれば、19世紀から三葉虫の採取が行われているらしい。ただし、今日一般にアプラート産といわれる標本が出たのは、1987年から1990年にかけての一時期のことで、この地方に高速道路を通すために崖を切り開いたとき、石炭紀の地層が露出したことによる。その後産地は閉鎖され、新規の採取はできなくなっているようだ。


アプラートの写真(コーライヒェの切通し Einschnitt Kohleiche)~ "The BPM Guide to Trilobites" より


私はアプラート産の標本が欲しかったので、とくに本種に興味があったわけではないが、届いたものを見ると、なかなか特色のある形をしている。少なくともこれまで手に入れた石炭紀三葉虫のどれにも似ていない。頭鞍側溝が三対あるのも私には珍しくみえる。カンブリア紀三葉虫のように平べったくなっているのはおそらく圧縮によるもので、かつてはもっと厚みがあっただろうことは、保存された複眼を見ればわかる。



ネガポジセットに尾板を加えて、いちおう全身が揃ったことになるが、もちろんこういうのは完全体とは呼ばない。それぞれ長さを計って足してみると、22㎜ほどになるから、まずまずの大きさといっていいだろう。

ディトモピゲ・スキトゥラ

テキサス州ブリッジポートのウルフマウンテン頁岩から産出したもの。この地の三葉虫は大半が小さいノジュールのかたちで産出するらしい。今回のものもノジュールを割って出たものだが、母岩がほとんど残っていないので、元々の産状は不明だ。外殻がよく残っていて、真ん中あたりではぜているので、つい「いかり豆*1」を連想してしまう。


Ditomopyge scitula



テキサスはオクラホマのすぐ南に位置する州で、けっこうな数の化石を産出するようだが、三葉虫の産出ということになるとあまりぱっとしない。商業的な採取は行われていないようだし、種類も本種以外にはほとんど言及がない。北隣のオクラホマがあれだけ多種多様な三葉虫を産するのとは対照的だ。しかしそれだけにテキサス産というと私にはレア物扱いのようにみえる。これがもしテキサス産でなければ、買っていなかったかもしれない。

北米のディトモピゲ属にはいくつかの種があって、それぞれ別の名前で呼ばれている。しかし最近の研究によれば、それらはいずれも異名にすぎず、従来細分化されていた種類をディトモピゲ・スキトゥラに一本化しようという動きがあるようだ。まあ、風化して外殻もろくに残っていないような部分化石をもとに記載が行われている場合も少なくないようなので、こういった見直しは必要だと思うし、異名を整理してすっきりさせるのはいい傾向だと思う。

本種はもともと Meek と Worthen によって Phillipsia (Griffithides) scitula として1865年に記載されたというから、ずいぶん前から知られていた三葉虫ということになる。石炭紀後期に現れて、ペルム紀前期まで存続していたらしく、プロエトゥス類のなかでももっとも息の長い種類だった。テキサスのディトモピゲは他産地のものより大型化したらしい。今回の標本も3㎝近くあって、プロエトゥスにあるまじき(?)貫禄を示している。



*1:ビールのつまみにする揚げた硬い豆