読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スコトハルペス・スパスキイ

前から欲しかったがあまりの高さに手が出せずにいたもの。今回わりあい安価に買えたのはラッキーだったが、一般に出回っているものよりも一回り以上小さい(18㎜ほど)。このサイズのおかげでだいぶ安くなっているように思う(ふつうは25㎜ほど)。

しかし本種は最大で50㎜に達するらしく、それに近い大きさの標本も売られているようだ。そういうものからすると、25㎜も18㎜も小ぶりであることに違いはない。そう思ってサイズには目をつぶることにした。


Scotoharpes spaskii



今回の標本で気に入ったのは、胴が巻かずにまっすぐ伸びているところ。私は基本的にエンロール状態が苦手なので、カリメネにしろファコプスにしろ、丸まったやつにはどうも愛着が湧きにくい。今回のハルペスはやや反り返り気味だが、これはまずまず許容範囲内だ。



さてハルペスといえば、鍔の部分に開いた無数の孔が特徴なのだが、この標本ではそれらの孔はあまり明瞭でない。それどころか、凹ではなくて凸で保存されているようにみえる。そしてそれら無数の凸は、鍔の内側から外側へ向けて、放射状に広がっている(ちょうどハルピデスの genal caeca のように)。



あと、購入元によればこの標本は修復率1%とのことだが、この数字はどうだろうか。ブラックライトを当ててみると、あちこちから怪しい光を発する。この光った部分をルーペで拡大してみると、たしかにその箇所では何らかの処理が行われているようだ。しかし具体的に何が行われているかを確認するのは困難だろう。



最後に、名称の問題について書いておこう。本種の種名の spaskii は spasskii と書かれることもあるようだ。どうして二通りの表記が行われているかといえば、最初の記載者であるアイヒヴァルトのちょっとした間違いがその遠因になっている。

アイヒヴァルトは、エストニアのタリン近郊で見つかった新種の三葉虫を Trinucleus spaskii と名づけて、自分の友人のJ. T. スパスキ教授への献名としたが、教授の名は Spasski と綴るので、正しくは spasskii でなければならない。ところがアイヒヴァルトはうっかりそれを spaskii としてしまった(sをひとつ落した)。学名というものは、いったん決った以上は、たとえ綴りが間違っていたとしても、あとから変更はきかないらしく、spaskii という権利上の名前がこんにちまで生き残っているわけだ。

その一方で、事実上の名前をとって spasskii とする人々もいる。じっさいのところ、1881年にフリードリヒ・シュミットが spasskii 表記を採用してからというもの、ほとんどすべての人が右へならえで spasskii を使っているらしい。

そういうわけで、慣用的には spasskii で何の問題もないが、私はあえて spaskii にこだわってみた。モーニング娘には「。」がついていないとダメだ、という人には分ってもらえるだろう。


産地情報:
Lower Ordovician, A. lepidurus zone
Putilovo quarry, St Petersburg region, RUSSIA

スピニボレ・コッドネンシス

英国産の石炭紀三葉虫。産地はデボン州のバーンスタプルという町の近くで、そこに Coddon Hill Beds という石炭紀前期の地層があるらしい。種名の coddonensis はその Coddon Hill から取られたものだろう。Spinibole の spini- はたぶん「トゲ」の意味だと思うが、そのトゲ(頬棘)は今回の標本では明瞭でない。眼は非常に小さいか、もしくは盲目。頭の前方にカリメネみたいにめくれ上がった吻がある。頭部と尾部の周囲に際立った辺縁あり。胸節は9個。尾部の中軸は縦方向にさらに三つに分かれている。体長は約1㎝。


Spinibole coddonensis


今回の標本は、買ったときは右の部分に少し母岩が被っていた。売り手(ボブK)は「もう少しプレップすれば右の自在頬が出てくるかもしれないよ」という。その言葉に従って、右のほうをすこしカッターで削ってみた。


ビフォー

アフター


たしかに自在頬は出るには出たが、美的な見地からいうと、ビフォーのほうに軍配が上がりはしないか? それとも私の整形が下手なだけか? まあ結果はどうあれ、作業自体は楽しめたのでよしとしよう。

アルケゴヌス(・ラティボレ)・レヴィカウダ

ドイツ産の石炭紀三葉虫。黒いネガポジセットはアプラート(Aprath)から、白い尾板標本はフェルバート(Velbert)からそれぞれ採取されたものだが、地図で確認すると、このふたつの産地はそれほど離れていない。おそらく同じ地層がつながっているのではないかと思う。このあたりはデュッセルドルフやエッセンにも程近く、ここを南下していくと、ドイツの三葉虫畑として名高いゲロルシュタインやゲース(すなわち狭義のアイフェル)に出る。


Archegonus (Latibole) laevicauda




アプラートというのは石炭紀三葉虫に興味をもつと必ず目に入ってくる地名で、BPMの図鑑によれば、19世紀から三葉虫の採取が行われているらしい。ただし、今日一般にアプラート産といわれる標本が出たのは、1987年から1990年にかけての一時期のことで、この地方に高速道路を通すために崖を切り開いたとき、石炭紀の地層が露出したことによる。その後産地は閉鎖され、新規の採取はできなくなっているようだ。


アプラートの写真(コーライヒェの切通し Einschnitt Kohleiche)~ "The BPM Guide to Trilobites" より


私はアプラート産の標本が欲しかったので、とくに本種に興味があったわけではないが、届いたものを見ると、なかなか特色のある形をしている。少なくともこれまで手に入れた石炭紀三葉虫のどれにも似ていない。頭鞍側溝が三対あるのも私には珍しくみえる。カンブリア紀三葉虫のように平べったくなっているのはおそらく圧縮によるもので、かつてはもっと厚みがあっただろうことは、保存された複眼を見ればわかる。



ネガポジセットに尾板を加えて、いちおう全身が揃ったことになるが、もちろんこういうのは完全体とは呼ばない。それぞれ長さを計って足してみると、22㎜ほどになるから、まずまずの大きさといっていいだろう。

ディトモピゲ・スキトゥラ

テキサス州ブリッジポートのウルフマウンテン頁岩から産出したもの。この地の三葉虫は大半が小さいノジュールのかたちで産出するらしい。今回のものもノジュールを割って出たものだが、母岩がほとんど残っていないので、元々の産状は不明だ。外殻がよく残っていて、真ん中あたりではぜているので、つい「いかり豆*1」を連想してしまう。


Ditomopyge scitula



テキサスはオクラホマのすぐ南に位置する州で、けっこうな数の化石を産出するようだが、三葉虫の産出ということになるとあまりぱっとしない。商業的な採取は行われていないようだし、種類も本種以外にはほとんど言及がない。北隣のオクラホマがあれだけ多種多様な三葉虫を産するのとは対照的だ。しかしそれだけにテキサス産というと私にはレア物扱いのようにみえる。これがもしテキサス産でなければ、買っていなかったかもしれない。

北米のディトモピゲ属にはいくつかの種があって、それぞれ別の名前で呼ばれている。しかし最近の研究によれば、それらはいずれも異名にすぎず、従来細分化されていた種類をディトモピゲ・スキトゥラに一本化しようという動きがあるようだ。まあ、風化して外殻もろくに残っていないような部分化石をもとに記載が行われている場合も少なくないようなので、こういった見直しは必要だと思うし、異名を整理してすっきりさせるのはいい傾向だと思う。

本種はもともと Meek と Worthen によって Phillipsia (Griffithides) scitula として1865年に記載されたというから、ずいぶん前から知られていた三葉虫ということになる。石炭紀後期に現れて、ペルム紀前期まで存続していたらしく、プロエトゥス類のなかでももっとも息の長い種類だった。テキサスのディトモピゲは他産地のものより大型化したらしい。今回の標本も3㎝近くあって、プロエトゥスにあるまじき(?)貫禄を示している。



*1:ビールのつまみにする揚げた硬い豆

ハルピデスの一種、つけたりエウロマの一種

前々から欲しかったハルピデスをついに購入! しかし……

届いたものを見ると、体の下半分があからさまに作り物だ。別個体のものをくっつけたというよりも、補修者がフリーハンドで胸節を「彫刻」しているようにみえる。これはいかんなあ……と思いつつ、まあモロッコ産だから仕方ないか、とも思う。


Harpides sp.



だいたいモロッコ産のハルピデスの標本は体の下の方が怪しいのが多い。おそらくほとんどの個体が尻切れとんぼで、それをごまかすためにいろんな手法で「補正」が行われている、というのが実情ではないだろうか。

もしこれが肯綮に当っているとすれば、「補正」が真に迫っていようと、稚拙であろうと、インチキであることに違いはないので、そういう点にあまり神経質になっても仕方がない。それは置いといて、もっとほかにいいところを探してみよう。

この標本のいいところは、そのサイズと色、頭部のプロソポン、それから全体的な存在感だ。

サイズは横幅が55㎜。長さのほうは、体節が途切れているのと、体を曲げているのとで正確なところは分らないが、延びた姿勢で8㎝から9㎝くらいはありそうだ。いずれにせよかなり大ぶりな個体だといえるだろう。

色は、鍔の部分が濃いオレンジ色で、胸節もほんのりオレンジ色に染まっている。これが非常に美しい。ハルピデスではこういう色のつき方は珍しくないが、この標本の色合いはある種の鉱物を思わせるような鮮やかさをもっている。

プロソポン(prosopon)というのは、三葉虫の外殻上にあらわれた奇妙な特徴を指す用語だが、ハルピデスにおいて顕著なのはアイリッジ(eye ridges)とジーナル・シーカ(genal caeca)だ。前者は頭鞍と眼とをつないでいる畝のことで、後者はアイリッジから発して頬上を放射状に覆っている葉脈のような組織をさす。こういったプロソポンの容子から、本種は狭義のプティコパリアと類縁関係にあるのではないか、という気がする。



最後に、うちにある比較的大きい標本と並べた画像をあげておこう。アサフスやディプレウラに伍しても引けをとらない存在感が伝わればいいのだが、どうか。



     * * *


今回の標本にはおまけ(?)としてエウロマの一種がついている。エウロマといえば、かつてハミー工房出来の標本を手に入れたことがある。下の画像に示すのがそれだが、だいぶ前に手放してしまった。今回またそれがうちに来たわけで、あらためて眺めると、これもやはりプティコパリア風味をもっていて、意外に私の好みに合う。ちなみにアドレインの新分類では、本種はプティコパリア目からオレヌス目に移されている。


Euloma sp.(ハミー工房の品)

Euloma sp.(今回の標本)


     * * *


モロッコのオルドビス系には、代表的なのがふたつあって、ひとつが Draa 川沿いの Fezouata 層、もうひとつがアトラス山脈各地に露頭をもつ Ktaoua 層。どちらもおそろしく広範囲にわたっていて、スケールの大きさが日本などとはぜんぜん違うようだ。

ハルピデスやエウロマが産出するのはフェズアタ層で、ここからは私の興味の的であるモロッコ三大疑惑の三葉虫のうち、アサフェルス・スタッブシ(通称シンフィスリナ)と、ディケロケファリナの二種が産する。それ以外にも、軟体部が保存された化石が出たとか、バージェス動物類似のものが出るとか、いろいろと発見の多い産地のようだ。

アメロピルトニア・ラウラダナエ

北米産の石炭紀三葉虫。購入元のデータによれば、ミズーリ州のセイリーン郡に Chouteau Formation という石炭紀の地層が露出していて、そこからこの三葉虫が産出するらしい。本種はまた Breviphillipsia sampsoni もしくはたんに Phillipsia sampsoni とも呼ばれていて、セイリーン郡に程近いブーン郡でも産するとのこと。

BPMの図鑑では、本種はニューメキシコから産するような書き方になっていて紛らわしい。おまけに Chouteau Fm.を Chotenau Fm. と誤記している。石炭紀の扱いの雑さはこんなところからも窺い知れる。

さて今回の標本は、ご覧のとおり一風変った整形がなされている。それは前に取りあげた英国産の黒いパラディンの特異な整形の手を一歩進めたもので、母岩は完全に刳り抜かれ、半円形の窓のように開いていて、本体はその窓のへりにやや反り気味の姿勢で、斜めに横たわっている。サイズは直線で 14mm。


Ameropiltonia lauradanae


アメロピルトニアといえば、どうしてもその外殻表面のツブツブ、というより微小なトゲがあげつらわれる。しかしたいていの場合、それらのトゲは剖出のさいに摩耗してしまって、まろやかなツブツブになっていることが多い。個人的にはもう少しシャープなほうが好みなのだが、透明感のあるベージュのカルサイトに置換された外殻はそれ自体として美しい。


ボランディア・グロビケプス

2017年度はロシアの三葉虫を、と思っていたが、どういうわけか石炭紀のものばかりが手元に集まってくる。こういう流れはまったく予期していなかった。去年までは探してもなかなか見つからなかった石炭紀三葉虫が、向うのほうから「私を買って」とばかりに押し寄せてくるとは……

そんなわけで、しばらくは石炭紀三葉虫の記事ばかりが続くと思う。ただでさえ少ない読者がますます減りそうだが、あまり気にせず書いていこう。

さて今回のはベルギー産のボランディアというもの。正式にはボランディア・グロビケプス・クレイニという長たらしい名前だ。大きさは 17㎜。


Bollandia globiceps kleini



石炭紀三葉虫は、集めるにあたって大きさや保存状態をあまり気にしなくていいのが楽だ。ただし、個人的には眼だけはちゃんとついていてほしいと思っている。石炭紀のプロエトゥス類は、眼の部分がぽろりと取れてしまっている標本が少なくないからで、れっきとした図鑑に載っているものにもそういったものはある。

本種は同じ産地から出るカミンゲラ(クミンゲラ)と見分けがつきにくいらしい。私も各種の画像を見比べてみたが、これがボランディアでこれがカミンゲラ、というはっきりした違いを見出すことはできなかった。それどころか、どう見ても違う種類のものが、同じボランディアという名前で呼ばれたりもするようで、このあたりは専門家でないとまず特定不可能だろう。

今回の標本はベージュ色で保存されているが、同産地では、ほとんど白に近い色で保存されているボランディアもしくはカミンゲラも存在する。写真でみるかぎり、非常に美しいのだが、現物はどうだろうか。機会があれば手に入れてみたい。