年末にまとめ買いしたレプリカの

画像をまとめてアップしておく。

かなりの数に見えるが、じつは重複も多い。とはいっても、数の多さが一種のトランス状態を生みだすのも事実のようで、これだけあれば当分は満足できる。レプリカで満足って、ちょっと頭おかしいんじゃないの、といわれそうだが……

とくに気になるものについては、また改めて取りあげるつもりです。








ルソフィクス

──ね、おじさん、三葉虫の絵を描いて。
──三葉虫かい、じゃ、カリメネを描いてあげよう。
──なんだかよれよれのカリメネだなあ。
──それじゃ、このファコプスでどうだ。
──ファコプスはこんなに細長くないよ。
──そんなら、とっておきのこれはどうだ、リカスだよ。
──ぼく、リカスあんまり好きじゃないんだ。だって、リカスってけんのんだろう?

男は困り果てた。そこで、

──よし、じゃ三葉虫の巣穴を描いてあげよう。あんたの好きな三葉虫、その中にいるよ。

するとこどもは目を輝かして、じっと巣穴の絵を見つめた。

──うん、ぼく、こんなのが欲しかったんだ。ありがとう、おじさん。


     * * *


三葉虫が巣穴を作って暮していたかどうかは知らない。ただ、ルソフィクスというものがあって、一般に巣穴とか、休息跡とか呼ばれている。数ある生痕化石のうちでも、たぶんこれがいちばん三葉虫が作った可能性が高い。

ルソフィクスの代表的なものに、Rusophycus pudicum というのがある。pudicus とは、辞書をひくと「恥を知る」とか「慎み深い」とか書いてある。休息跡が恥を知っていたり、慎み深かったりするというのも解せない話だ。

pudicus の反意語は impudicus だが、これが学名に使われているので有名なのが、すっぽんたけというきのこの一種。これは学名を Phallus impudicus という。この場合の impudicus は「臆面もなくおっ立った」というほどの意味だろう。

そういうことからすれば、pudicus の意味するところも、なんとなく分るのではないか。ルソフィクスを縦にしてみれば、いっそう理解が深まるかもしれない。


     * * *


このまえクルジアナのレプリカを手に入れた話をしたが、あれを見ているうちに、生痕化石というものにかつてない興味をおぼえるようになった。ポーランドの Holy Cross Mountains から出るルソフィクスで大きめのやつがあればいいのだが。形状が pudicum であればもちろん最高である。

クルジアナについて

三葉虫関連の生痕化石に、クルジアナというのがある。これはほうぼうで出るらしく、いろんな形状のものがある。これとはべつに、ルソフィクス、ディプリクニテスというものがあって、われわれの興味をそそる。

とはいっても、そういったものの化石を買おうという気にはなかなかなれない。なぜなら、買ってもたぶんよく分からないからで、画像をみても、地面の上にちょこちょことなにか引っ掻いたような跡が残っているな、くらいの感想しか出てこない。要するに、私に見る目がないのである。

さて、今回まとめ買いしたレプリカのうちに、このクルジアナらしきものが入っていた。







調べてみたら、クルジアナのうちでも cruziana semiplicata と呼ばれるものらしい。産地はウェールズのカンブリア系。

三葉虫が泥に埋まりながらせっせと脚を動かして、泥中の有機物を摂食しつつ進んでいくと、そこに三葉虫の足跡が残る。それに堆積物が溜り、やがて固まって岩になる。これがクルジアナで、もともと三葉虫がつけた足跡とはちょうどネガポジの関係になっている。そこで、クルジアナを型にとってもう一度キャストを作ると、それが三葉虫の足跡のポジになる。ややこしいが、少なくとも頭の中でそういう操作をしないと、クルジアナを見てもどういう状況でこうなったのかが理解しにくいと思う。下図を参照のこと。


spor 20より


クルジアナの作者がほんとうに三葉虫かどうかには疑問があって、もっとべつの、蠕虫みたいなものがつけた跡だとか、いろいろ説はあるらしい。じっさい、クルジアナと三葉虫が同じ場所で見つかることはめったにないらしく*1、それならやはり硬い殻をもたない、つまり化石として残らない蠕虫みたいなのがつけた跡だとするほうが自然だろう。自身の遺骸は残さず、生きた痕跡だけ残すというのは、なかなかクールなやり方だと思うのだが、どうか。

*1:上の図の右にあるくねくねしたサーキットのようなクルジアナの作者は、Maladioidella という三葉虫でほぼ決まりのようだが

レプリカについて

年末にB品のレプリカをまとめ買いして、現在かなりの数の標本もどきが手元にある。さてこれらをどうするか。

レプリカなんざ一括で箱にでも入れておけばいい、という人もいるだろう。私もはじめはそうしようと思っていたが、そのイミテーションとしての精度の高さを知るに及んで、これはやはりそれなりの敬意を払っておくべきではないか、と思い直した。

精度の高さ、といってもたぶん通じないと思うので、一例をあげると、4㎝ ほどのアカステ(ダドリーバグの一種)の複眼のレンズがちゃんと再現されているのである。もっとも、石膏(?)がレンズの先端にまで行きわたらず、孔になってるのもちらほらある。しかしそんなのは瑕瑾であって、けっして咎められるべきものではない。もしこの点が不完全だからというので、B品扱いで安く出されたのなら、この欠陥はかえってレプリカ全般の質の高さを物語るものだといえる。

というわけで、これらのレプリカをいくつかのグループに分けて紹介していこう。途中で飽きてしまうかもしれないが、ネタはあり余るほどあるので、しばらくはこれでもつと思う。


アカステの複眼の例

一年を振り返って

三月くらいまでは去年からの続きで石炭紀三葉虫を集めていたが、四月にスコトハルペスを買ってから、徐々にロシアの方へ流れが変りはじめた。といっても、高いものばかりなので数は集まらず、けっきょく5個買っただけにとどまった。うち1個はたぶん来年売りに出す。

それでも念願のロシア産への足がかりができたのは嬉しい。来年はどうなるだろうか。欲しいものが思うように買えず、欲求不満のあまり、エストニアのぼろぼろの標本を買いまくる、というようなことにならないようにしよう。

年末に大好きなダイフォンの標本を(レプリカだが)手に入れられたのもよかった。久しぶりに変な高揚感を味わった。脳内に快楽物質がみなぎる感じ。しかしこれは私にレプリカ問題という思ってもみなかった地平をひらいたのも事実で、これについてはまた来年考えよう。

あと、トゲトゲ標本の扱いだが、まあ折れるときは折れると覚悟したうえで、とにかく気をつける。気をつけまくる。腫れ物に触るように扱う。人が来るときは隠す。こんな感じで行こう。

それではみなさまよいお年を。